• 入会金不要

【健康講座】内科・整形外科を含む多職種専門チームが提供する関節リウマチ治療【参加無料】

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

5月26日(日)14:00~16:00(開場13:30)

【講演1】
「30年後も元気で歩けるための関節リウマチ治療の考え方~人生100歳時代を楽しく自立するために~」
国立病院機構 大阪南医療センター統括診療部長
橋本淳(リウマチ関節外科医)
関節リウマチの薬物療法が進歩した中でも、長期的にみると多少なりとも身体機能障害を来すことは珍しくありません。そこに加齢の変化が重複しますと、思っている以上に急速に生活機能は低下してゆきます。でも大丈夫です。30年、40年後も元気に歩ける身体機能維持のために、今何をすべきか、これから何ができるのかの考え方をお話しさせていただきます。ぜひ、楽しみながらお学びください。
【講演2】
「関節リウマチ患者さんが気をつけるべき食事・栄養のはなし」
国立病院機構 大阪南医療センターリウマチ・膠原病・アレルギー科 医師
礒田健太郎(リウマチ関節内科医)
関節リウマチの患者さんは健常者に比べて栄養状態が悪くなっているということは古くから知られています。また、栄養状態は加齢よっても低下しますが、これはリウマチ患者さんにおいても同様です。高齢のリウマチ患者さんにおける栄養不良は特に重要な問題であり、生活の質が低下するのみでなく、感染症などの合併症を引き起こす可能性があります。リウマチ患者さんにとってどのような食事・栄養摂取が良いのかを理解することは重要であり、これについてお話しいたします。

講演終了後に個別相談会を開催します。※応募多数の場合は抽選

無料。定員200人。

共催=田辺三菱製薬、大阪よみうり文化センター
後援=読売新聞大阪本社

会場 あべのハルカス 25階E・F会議室 詳細はこちら
開講日時 1 5月26日(日)14:00~16:00(開場13:30)
講座回数 1回
受講料 参加無料(要お申し込み)
講師 橋本淳(国立病院機構 大阪南医療センター統括診療部長/リウマチ関節外科医)
礒田健太郎(国立病院機構 大阪南医療センターリウマチ・膠原病・アレルギー科医師/リウマチ関節内科医)
備考

※お申し込みの方に入場券(ハガキ)をお送りします

講師に質問がある方は、お申し込みフォームの備考欄にご記入ください。また、個別相談をご希望の場合も備考欄にご明記ください。

本社

06-6361-3301

大阪市北区野崎町5-9
読売大阪ビル5階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて