• 入会金不要

名画と弦楽四重奏で学ぶウィーン・モダン展

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

読売新聞社などが主催している「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」の開催を記念し、音楽と名画を楽しむ講座を国立国際美術館の休館日に実施します。
コンサートでは、「中之島をウィーンに!」を掲げる室内楽団「日本テレマン協会」がモーツァルト、シューベルト、シュトラウスら、展覧会にちなんだ曲目を延原武春ディレクターの話をはさみながら、弦楽四重奏で演奏します。
その後、国立国際美術館研究員の福元崇志氏が名画を解説。17:00まで自由に鑑賞ができます。

【画像】
グスタフ・クリムト《パラス・アテナ》1898年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年ウィーン・ミュージアム蔵©Wien Museum / Foto Peter Kainz

会場 国立国際美術館(大阪市北区中之島4) 詳細はこちら
開講日時 1 9月30日(月)14:30~17:00
講座回数 1回
受講料 6,480円(税別)
講師 国立国際美術館研究員
備考

本社

06-6361-3301

大阪市北区野崎町5-9
読売大阪ビル5階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて