• 入会金不要

文化遺産のある大学めぐり

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

明治時代から昭和初期の文化財指定の校舎等を有する大学の学校建築を見学し、当時の教育者や学生の思いにふれます。
また、大学周辺の文化財も合わせて見学する予定です。

会場 現地集合、解散
開講日時 1 10月14日(土)13:00~16:30頃『聖母女学院』
開講日時 2 11月4日(土)13:00~16:30頃『奈良女子大記念館』
開講日時 3 11月18日(土)13:00~16:30頃『同志社大学』
開講日時 4 12月2日(土)13:00~16:30頃『龍谷大学』
開講日時 5 1月又は2月(日程未定)13:00~16:30頃『平安女学院(明治館)』
開講日時 6 3月17日(土)13:00~16:30頃『神戸女学院』
講座回数 6回
受講料 6回17304円(資料、イヤホンガイド使用料含む)※交通費、見学料別
1回参加の場合は2900円
講師 二村盛寧(京都感動案内社副代表・京都産業大学 日本文化研究所 上席特別客員研究員)
カリキュラム ▽10月14日(土)『聖母女学院』
初聖母女学院の本館は、明治時代に建てられた、陸軍第一六師団の司令部庁舎を用いた建物で、煉瓦造りの外観や、階段の意匠などに特徴があります。
▽11月4日(土)『奈良女子大記念館』
奈良女子大学記念館は、国立奈良女子大学の前身、奈良女子高等師範学校本館として明治時代に建てられたもので重要文化財に指定されています。
▽11月18日(土)『同志社大学』
同志社大学にある主に明治時代に建てられた重要文化財指定校舎群を見学します。定期キャンパスツアーに参加して見学します。
▽12月2日(土)『龍谷大学』
龍谷大学の本館は、明治初期に建てられた擬洋風建築で、重要文化財に指定されています。文学部の学芸員養成課程の自主企画「12月展」に合わせての内部見学です。
▽1月又は2月 (日程未定)『平安女学院(明治館)』 ※12月ごろに決定します。
明治館は、明治28年にイギリス人建築家、ハンセルの設計により、平安女学院の教育施設として建設された建物で、国の登録文化財に指定されています。
3月17日(土)『神戸女学院』
▽神戸女学院ヴォーリズ建築の一般公開に合わせての現地講座です。建物の細部の意匠に特徴がある、スパニッシュ・ミッション風校舎群は、国の重要文化財に指定されました。

※見学先は、相手様のご都合により、可能な日時が限られる場合がございますので、訪問先のご都合による
日程の変更や、入れ替えなどが生じることがございますことご了承ください。
途中入会 出来る
備考

詳しい集合案内は1か月前にご案内します。

伊丹センター

072-775-3001

伊丹市中央1丁目5-5
ボントンビル4・5階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて