• 入会金不要

徹底分析『日本書紀』

~日本書紀 編纂1300年記念を前にして~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『日本書紀』は720年に撰進された現存最古の正史です。それゆえ7世紀以前の日本の歴史を解明するうえに、最も重要な文献史料として位置づけられてきました。ところが、その内容にどこまで史実性があるのか、今日では大きくその地位が揺らいでいます。

この講座では、『日本書紀』はどのような書物であるのか、またこの書物によって7世紀以前の歴史がどこまでわかるのか!? などといった問題について、学界の第一線で活躍しておられる先生方に新しい視点からそれぞれの学説を語っていただきます。

会場 神戸センター
開講日時 1 1月28日(土)13:30~15:00「日本書紀の成立と律令国家」
開講日時 2 2月25日(土)13:30~15:00「『日本書紀』の争乱と考古学からみた争乱痕跡」
開講日時 3 3月25日(土)13:30~15:00「『日本書紀』は正史の正式名称か ―日本書紀と日本紀の関係をめぐって―」
開講日時 4 4月22日(土)13:30~15:00「記紀神話の成り立ち」
開講日時 5 5月27日(土)13:30~15:00「日本書紀の天智天皇観 ―大化改新から壬申の乱まで―」
開講日時 6 6月24日(土)13:30~15:00「日本書紀と四道将軍派遣伝承」
講座回数 6回
受講料 2,160円(1回分、資料代込み)
持ち物 筆記用具
講師 ▽1月=生田敦司(龍谷大学非常勤講師)
▽2月=西川 寿勝(日本書紀研究会員)
▽3月=塚口義信(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授)
▽4月=生田敦司(龍谷大学非常勤講師)
▽5月=水谷千秋(堺女子短期大学教授)
▽6月=内田正俊(日本書紀研究会会員)
カリキュラム 2017年1月-6月期
▽1月28日「日本書紀の成立と律令国家」
(龍谷大学非常勤講師の生田敦司)
▽2月25日「『日本書紀』の争乱と考古学からみた争乱痕跡」
(日本書紀研究会員の西川 寿勝)
▽3月25日「『日本書紀』は正史の正式名称か ―日本書紀と日本紀の関係をめぐって―」
(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授の塚口義信)
▽4月22日「記紀神話の成り立ち」
(龍谷大学非常勤講師の生田敦司)
▽5月27日「日本書紀の天智天皇観 ―大化改新から壬申の乱まで―」
(堺女子短期大学教授の水谷千秋)
▽6月24日「日本書紀と四道将軍派遣伝承」
(日本書紀研究会会員の内田正俊)
途中入会 出来る
備考

神戸センター

078-392-3290

神戸市中央区栄町通1-2-10
読売神戸ビル7・8・9階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて