• 入会金不要

ぶらり歴史の道~『都名所図会の世界を訪ねて』~(4回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽3月22日スタート

江戸時代後期になると、世の中も安定し、暮らしの面も豊かさがみられ、庶民の間では、観光ブームが訪れました。伊勢参りや、西国三十三所巡りなど、庶民が、活動的な時代を迎えたのです。そんな中、『・・・・・名所図会」と題する一類の図書が刊行され、当時の人々に好評を博しました。「名所図会」というのは、一種の地誌、あるいは、案内書で、名所の解説文を載せ、主要な名所の絵図を掲げた本であります。その名所図会の中で、一番最初に出されたのが、安永9年(1780年)刊行の『都名所図会』であります。そこで、今回は、『都名所図会の世界を訪ねて』と題して、江戸時代の京都を描いた図会や古地図などを参照しながら、往時の面影と現在とを比較しながら、歩いてみたいと思います。

会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方には案内を送付します )
開講日時 1 2018年3月22日・4月26日・5月24日・6月28日(木)現地集合・解散
講座回数 4回
受講料 12,096円(4回分、資料代含む) ※拝観料や現地交通費、昼食代は別途
持ち物 動きやすい服装(防寒・暑さ対策など)、歩きやすい靴でご参加ください。
講師 西山 涼一(歴史ウオーク研究家)
カリキュラム ① 3月22日(木)酒の元水の地・松尾社と桂周辺の名所を訪ねて(西京区)
② 4月26日(木)平安京造営時の遺構・神泉苑と二条界隈の名所を訪ねて(中京区)
③ 5月24日(木)洛東の観音霊場・清水寺と五条坂界隈(東山区)
④ 6月28日(木) 比叡山延暦寺と八瀬の釜風呂周辺の名所を訪ねて(左京区)
備考

神戸センター

078-392-3290

神戸市中央区栄町通1-2-10
読売神戸ビル7・8・9階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて