• 入会金不要

土曜の考古学「古代日本の原点を発掘するーヤマト王権時代Ⅱ」(4月~9月期)

-列島の歴史は東アジアの中でどう育まれてきたか-

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4月20日スタート 「倭の五王」時代に続く5世紀末~6世紀は、中国では南宋の宋が滅んで南斉・梁朝へ、北朝の北魏も分裂の動乱の時代を迎えます。そして、倭国のヤマト王権でも朝鮮半島政策の挫折や皇位継承などを巡って諸勢力による激しい対立が繰り広げられていたようです。考古学的な成果に東アジアの動向、古事記・日本書紀など文献資料をも重ね合わせながら、古代史の真相に迫ります。

会場 神戸センター
開講日時 1 4月20日(土)13:30~15:30 軍閥・蕭道成による南斉の建国と北魏の孝文帝
開講日時 2 5月18日(土)13:30~15:30 葛城氏系の手白香皇女の父親としての役割
開講日時 3 6月15日(土)13:30~15:30 南斉滅んで梁朝が成立、北魏末期の動乱へ
開講日時 4 7月20日(土)13:30~15:30 越前から迎え入れられた「応神五世の孫」
開講日時 5 8月31日(土)13:30~15:30 “二朝並立説”を生んだ「辛亥の変」の実体
開講日時 6 9月21日(土)13:30~15:30 任那滅び挑戦経営の破綻と蘇我・物部の対立
講座回数 通年
受講料 9,720円(6回分)
2,484円(1回分)
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 筆記用具
講師 坪井 恒彦(読売新聞大阪本社元編集委員)
カリキュラム 2019年春~カリキュラム 第3(土)13:30~15:30

◇ 4月20日=480~487年の「清寧(顕宗)」期
   ――軍閥・蕭道成による南斉の建国と北魏の孝文帝

◇5月18日=488~498年の「仁賢」期
    ――葛城氏系の手白香皇女の父親としての役割

◇ 6月15日=498~506年の「武烈」期
   ――南斉滅んで梁朝が成立、北魏末期の動乱へ

◇7月20日=507~531(527)の「継体」期
   ――越前から迎え入れられた「応神五世の孫」

◇ 8月31日=531~539年の「安閑・宣化」期
   ――“二朝並立説”を生んだ「辛亥の変」の実体

◇9月21日=539(531)~571年の「欽明」期
    ――任那滅び挑戦経営の破綻と蘇我・物部の対立
途中入会 出来る
備考

神戸センター

078-392-3290

神戸市中央区栄町通1-2-10
読売神戸ビル7・8・9階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて