• 入会金不要

折形を習う―新緑の候(3回)

日本伝統造形

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4/12(金)スタート

折形(おりかた)とは、物を贈ったり部屋をしつらえるときの折り紙の方法です。折って、包んで、作る楽しさを是非ご一緒しませんか。伝承された折形から感じる豊かさや奥深さを荒木蓬莱堂店主の荒木氏からたっぷり学び、日常生活に活かせるアイデアを尾崎講師とともにご提案します。毎回それぞれの季節に合った実用的で美しい包みをご紹介。

1回ごとの参加も可能です。はじめての方でも楽しんでいただける内容です。4月の内容は写真の通りです。

会場 神戸センター
開講日時 1 4/12、5/10、6/14(金)13:30~16:00
講座回数 3回
受講料 10,800円、教材費3,240円(いずれも3回)
※1回参加5,508円(教材費含む)
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 はさみ・目打ち(先は少し丸いほうが望ましい・書けなくなったボールペンも可)・
30㎝ものさし・筆記用具
講師 荒木 隆弘(荒木蓬莱堂店主)
尾崎 聡子(ラッピング工房OZ)
カリキュラム ① ・折形の原点である敷紙(かいしき)が残菓の包みや金封に変化していく包みの形を追う
・たたみ元結(水引より扱いが容易な紙の帯の結び方) ・小さなお菓子が入るきな粉包
② ・草花の包み  ・水引の両輪(もろわな)結び(水引による蝶結び) ・菓子折りの包み
③ ・香の包みなど ・水引の淡路結び  ・お菓子をちょこっと盛るお星さまの折形トレイ
途中入会 出来る
備考

※PR写真はイメージです

神戸センター

078-392-3290

神戸市中央区栄町通1-2-10
読売神戸ビル7・8・9階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて