• 入会金不要

土曜の考古学「古代日本の原点を発掘する―ヤマト王権時代Ⅱ」(10月~12月期)

~列島の歴史は東アジアの中でどう育まれてきたか~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

10月19日スタート

▽10/19『572年からの「敏達」期
―中国・隋王朝の勃興と倭国の朝鮮半島外交』
▽11/16『585年からの「用明」期
―穴穂部皇子と斑鳩・藤ノ木古墳の被葬者像』
▽12/21『587年からの「崇峻」期
―王宮・倉梯宮と陵墓・倉梯岡上陵の関係』

会場 神戸センター
開講日時 1 10月19日(土)13:30~15:30 『572年からの「敏達」期 』
開講日時 2 11月16日(土)13:30~15:30 『585年からの「用明」期』
開講日時 3 12月21日(土)13:30~15:30 『587年からの「崇峻」期』
講座回数 3回
受講料 4,500円(3回、資料代含む)
※1回参加2,300円 
いずれも税別
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 筆記用具
講師 坪井 恒彦(読売新聞大阪本社元編集委員)
カリキュラム ▽10/19『572年からの「敏達」期
―中国・隋王朝の勃興と倭国の朝鮮半島外交』

▽11/16『585年からの「用明」期
―穴穂部皇子と斑鳩・藤ノ木古墳の被葬者像』

▽12/21『587年からの「崇峻」期
―王宮・倉梯宮と陵墓・倉梯岡上陵の関係』
途中入会 出来る
備考

 

 

 

神戸センター

078-392-3290

神戸市中央区栄町通1-2-10
読売神戸ビル7・8・9階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて