• 入会金不要

【健康講座】進行がんを慢性疾患に【参加無料】

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

12月3日(日)13:00~15:00(開場12:30)

【講師より】
現在の医療現場においては、癌治療法の開発がめまぐるしく進んでいるにもかかわらず、癌による死亡者数が増加の一途であるという現実があります。
その様な状況の中で、私たちは 「進行がん」を「慢性疾患」として取り扱う治療を考えております。
進行がん患者さんの病態を十分に把握したうえで、これまでの治療内容を振り返り、その患者さんに適した癌治療の実践を選択して試行していくことにより、「進行がん」を「慢性疾患」としてとらえることが可能だと感じております。
その治療として有効なものに、ハイパーサーミアと免疫療法があります。
保険診療、自由診療あらゆる手段を使って、進行がんを高血圧や糖尿病などと同じような「慢性疾患」としたいというのが我々の願いです。

会場 京都センター
開講日時 1 12月3日(日)13:00~15:00(開場12:30)
講座回数 1回
受講料 参加無料
講師 古倉聡(京都学園大学健康医療学部教授、京都府立医科大学客員教授)
松山竜三(たけだ診療所(免疫・遺伝子クリニック)センター長)
カリキュラム 講演1「保険診療と先端治療をうまく使ってがんの勢いを止める」古倉聡先生 
講演2「がん治療の現状とハイパーサーミアについて」松山竜三先生
備考

※講師に質問がある方は、お申し込みフォームの備考欄にご記入ください。
※お申し込みの方には入場券(ハガキ)をお送りいたします。

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて