• 入会金不要

【健康講座】私って、もしかしてリウマチ?【参加無料】

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2月18日(日)13:00~15:30(開場12:15)

「朝、手がこわばる」「関節が腫れ、痛いし、だるい」そのつらさを他人になかなかわかってもらえない関節リウマチ。
現在日本には 80万人以上の患者さんがいるといわれています。女性がなる病気と思われがちですが、男性の患者さんも2割程いて身近な病気と言えます。

昔から「打つ手がない」「一生、痛みと付き合っていかなければ」「やがて寝たきりになるんじゃないか」という印象がありました。
しかし今、関節リウマチ治療は大きく進歩しています。新しい薬も次々と開発され、「寛解」を目指し、さらに「寛解」を維持させる時代になってきています。
関節リウマチは早めに診断・治療することがもっとも大切です。

「ひょっとして私ってリウマチなのかしら?」と悩んでいる方、私たちリウマチ専門医の話を聞いてみませんか?
今回の健康講座では、基本にたちかえり、わかりやすくリウマチについてお話しすると同時に、新しい治療について、リウマチの手についてなど内科や整形外科の立場からお話しします。
関節エコーの実践や、体操·装具の紹介、聴衆参加でリウマチクイズ、事前申し込みの方の個別相談も受け付けます。

定員200人。参加無料。
共催:大阪よみうり文化センター 武田病院グループ 中外製薬株式会社
後援:読売新聞大阪本社

会場 京都センター
開講日時 1 2月18日(日)13:00~15:30(開場12:15)
講座回数 1回
受講料 参加無料
講師 座長:真多俊博(十条武田リハビリテーション病院 副院長、人工関節センター長)
益田郁子(十条武田リハビリテーション病院 リウマチ科部長)
大村浩一郎(京都大学医学部附属病院免疫・膠原病内科准教授)
岸田愛子(十条武田リハビリテーション病院 肘・手外科)
駒野有希子(十条武田リハビリテーション病院 リウマチ科医長)ほか
カリキュラム 【第1部 講演】
「リウマチかしら?」(15分)益田 郁子氏
「リウマチ最新情報」(10分)大村 浩一郎氏
「リウマチの手変形について」(15分)岸田 愛子氏
「リウマチの薬の副作用対策」(10分)駒野 有希子氏

休憩 15分

【第2部 リウマチクイズ(25分)】
座長:益田郁子氏・大村浩一郎氏
出題・解答:真多俊博氏・駒野有希子氏・下坂るみ子氏・大西 薫子氏ほか

閉会のあいさつ 真多 俊博氏

【第3部 個別相談(40分)】
益田氏・真多氏・駒野氏・大村氏・岸田氏
各種相談
関節エコー実演 リウマチ体操・装具紹介も
備考

※講師に質問がある方は、お申し込みフォームの備考欄にご記入ください。
※個別相談ご希望の方は、お申込みフォームの備考欄にご記入ください。
※お申し込みの方には入場券(ハガキ)をお送りいたします。

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて