• 入会金不要

プロ棋士が語る「読み」の大切さ

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

関西若手四天王の一人で「怪物」との異名を持ち、第27期竜王戦を制覇した糸谷哲郎八段と、囲碁の小田鉄兵プロが、将棋や囲碁界の現状、AI(人工知能)がもたらした変化、プロが語る「読む」ことの価値について語ります。対談後、両棋士がゲームの楽しみ方について解説します。

元竜王の糸谷八段は、来期から名人戦の予選リーグ・順位戦最高峰のA級に昇級するトップ棋士の一人。羽生善治竜王、藤井聡太六段との対局を振り返り、そこで見えた戦術、判断力について語る貴重な時間です。小田プロは、世界選手権「応昌棋杯」(13~18歳部門)において、当時13歳の最年少で日本代表。19歳でプロ棋士になり、棋戦のほか京大で特別講師を務めながらイベントも企画し、人気を博しています。

【タイムスケージュール】対談 13:30~14:30 (休憩) ゲーム解説14:45~16:00

会場 京都センター
開講日時 1 6月9日(土)13:30~16:00
講座回数 1回
受講料 1,000円
校費 不要
講師 将棋=糸谷哲郎八段
囲碁=小田鉄兵プロ
途中入会 出来る
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて