• 入会金不要

台湾の歴史探訪 

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

東日本大震災事に、いち早く救援を申し込み、また、多くの義捐金を出してくれたのは台湾です。世界で一番、日本を愛してくれている国は台湾であると言って過言ではありません。なぜでしょうか。台湾の歴史をふりかえり考えてみたいと思います。台湾の原住民の生活、オランダ時代、鄭成功の時代、清朝時代、日本統治時代、中華民国時代の各々の特徴を比較考察します。日本統治時代とは日清戦争後の下関条約で日本領になり、1945年の終戦までです。日本が植民地統治をしました。しかし、台湾人は親日的です。同じ植民地統治を受けた北朝鮮・韓国は必ずしも親日的とは言えません。なぜでしょうか。本講座の趣旨は台湾が分かれば、アジアが見えるです。ご一緒に考えてみましょう。15回シリーズ。

会場 京都センター
開講日時 1 7月23日から第4月曜13:00~14:30 
講座回数 15回
受講料 3か月7,128円(資料代含む)
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
講師 松田吉郎(兵庫教育大学名誉教授)
カリキュラム ①総論--台湾とは(7月23日)
②鄭成功と台湾--近松門左衛門の「国姓爺合戦」(8月27日)
③清朝の台湾消極策(9月24日)
④「牡丹社事件」と台湾出兵--明治政府と台湾・琉球(10月22日)
⑤日清戦争の結果、台湾は日本の植民地となった--2年間の国籍選択猶予権(11月26日)
⑥児玉減太郎・後藤新平の台湾統治策--鯛の目と平目の目(12月24日)
⑦衛生政策--アヘン患者をなくした(2019年1月28日)
⑧台湾の砂糖--日本ではキャラメルを食べられるようになった(2月25日)
⑨嘉南大圳と八田與一――台湾人は米を食べられるようになった(3月25日)
⑩初等教育の実施--公学校(4月22日)
⑪嘉義農林学校は甲子園で準優勝--映画「KANO」(5月27日)
⑫台湾にも大学ができた--台北帝国大学(6月24日)
⑬台湾原住民の学校--先生は地方公務員の警察官(7月22日)
⑭高砂族青年団・高砂義勇隊(8月26日)
⑮阿里山ツオウ族の戦前・戦後--「二・二八事件」(9月23日)
途中入会 出来る
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて