• 入会金不要

小丸屋住井十代目女将 住井啓子の「美しく生きる」

京の女将さんシリーズ第7弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

祇園・夏の風物詩、芸舞妓の名が朱書きされた「京丸うちわ」で知られる寛永元年(1624年)創業「小丸屋」十代目女将の住井啓子さん。三姉妹の長女として生まれ、400年続く伝統の灯を守り続けています。小丸屋の名を全国に広めた「深草うちわ」。江戸時代、和紙に和歌を書いた深草うちわは京土産として人気を博し、その技術は「丸亀うちわ」や「岐阜うちわ」へと継承されていきました。女将として家業を切り盛りしていく姿は多くの人が感銘を受け、国内問わず、海外からもギャラリーを訪ねています。啓子さんは「伝統工芸は皆が協力して守り、伝えていくことが大切」と話します。風を「あおぐ」うちわの文化から、相手を思いやり、時に相手を許すことのできる「心」を学ぶ、日本女性の芯の強さ感じさせる素敵な女性に、皆さんも会いに来ませんか。老舗料亭「瓢亭別館」にてお食事も楽しみます。

会場 小丸屋ギャラリー(京都市左京区岡崎円勝寺町91-54) 
開講日時 1 4月20日(土)10:15~13:00
講座回数 1回
受講料 9,720円(昼食代込)
講師 住井啓子(小丸屋住井十代目女将)
途中入会 できない
備考

※お料理はイメージです

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて