• 入会金不要

聖護院門跡 宮城泰年門主の法話

「縁のこころ~山の神の声を聴く~」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

古より山には神々が宿ると信じられてきました。自然に敬意を払い、厳しい山々で修行し、困苦を忍び、心身を修練する山岳信仰は、1300年の間続けられています。3日半、100㌔の道のりを歩く山伏の行。山の神に触れられる瞬間、何が見えてくるのでしょうか――。聖護院門跡、宮城泰年門主が修験を通じて人間の脆さや傲慢、情の深さを知り、「一人の世界はこの世にはない」山の神が教えてくれる縁のこころを語ります。

会場 京都センター
開講日時 1 7月7日(日)13:30~14:30
講座回数 1回
受講料 3,240円
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
講師 宮城泰年 聖護院門跡第52世門主
講師経歴 1931年京都市生まれ。龍谷大学卒業後、新聞記者を経て25歳で聖護院に奉職。執事長、宗務総長などを歴任し、2007年に聖護院門跡第52世門主に就任。熱心な反戦平和活動でも知られ、日本宗教者平和協議会代表委員も務める。京都仏教会常務理事、神仏霊場会会長、日本山岳修験学会顧問。著書『動じない心』(講談社)、共著『修験道という生き方』(新潮選書)など。
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて