• 入会金不要

「炭屋旅館」四代目女将 堀部寛子の「おもてなしはお茶の心で」

京の女将さんシリーズ 第10弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都・三条界隈でひときわ目を引く数寄屋造りの「炭屋旅館」は、俵屋、柊家とともに京都御三家の老舗旅館として知られています。創業は大正元年。茶の湯にゆかりが深く、家元へ通う友人らを茶室でもてなしたことが創業のきっかけになったといいます。市中にありながら庭の景色を眺めながら肌で季節のうつろいを感じられ、料理、盛る器、室札のこだわりは、おもてなしの心にあふれています。四代目女将、堀部寛子さんは代々受け継がれてきた「一期一会」の精神を大切にされています。当日は京懐石を楽しんだ後、裏千家14代家元・淡々斎宗匠が命名した茶室「玉兎庵」で、若女将の有美さんがお点前を披露。寛子さんが茶の湯の精神を今に伝える炭屋の歴史などを語ります。

主催 大阪よみうり文化センター

後援 読売新聞大阪本社

会場 政府登録国際観光旅館 炭屋旅館(京都市中京区麸屋町三条下ル)
開講日時 1 10月23日(水)12:00~14:30(キャンセル待ち)
開講日時 2 10月30日(水)12:00~14:30
講座回数 1回
受講料 23,000円(京懐石代含む)、税別
講師 堀部寛子さん(炭屋旅館 四代目女将)
備考

定員各35名
※10月23日(水)はキャンセル待ちです

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて