• 入会金不要

「令和」と大伴旅人

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『万葉集』巻五が出典となった新元号「令和」。当時、大宰府に赴任していた大伴旅人の館で開かれた宴が舞台となっています。うららかな春の日の一コマにも思えますが、旅人を取り巻く状況はどのようなものだったのでしょうか。当講座では、当時の時代背景に着目し、「令和」を詳しく読み解いていきます。

会場 京都センター
開講日時 1 10月5日(土)10:30~12:00
講座回数 1回
受講料 2,000円
持ち物 筆記用具
講師 久葉智代(総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻博士後期課程院生)
講師経歴 2018年3月京都大学大学院文学研究科歴史文化学専攻修士課程修了、4月総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻入学。日本古代史専門。史学会所属。「『万葉集』における「みやこ」と「ひな」への意識」(続日本紀研究会・日本史研究会古代史部会合同卒業論文大報告会、2016年6月ウィングス京都)、「8世紀における境界認識」(第116回史学会大会、東京大学)
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて