• 入会金不要

染司よしおか6代目 吉岡更紗の日本の色 植物の彩

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

江戸時代から続く「染司よしおか」。伏見の水と天然素材に向き合う人の手により、自然と寄り添いながら美しい色を生み出してきた京の老舗染司です。染め上げられた透明感あふれる優雅な色彩は多くの人を魅了してやみません。六代目を継ぐ吉岡更紗さん。日本には美しい色の名前が沢山あります。それらの色は古来より植物で染められていました。色に纏わる様々なことや、日本に遺る染織品についてお話しします。

主催 大阪よみうり文化センター

後援 読売新聞大阪本社

会場 京都センター
開講日時 1 11月17日(日)10:30~12:00
講座回数 1回
受講料 3,000円、税別
講師 吉岡更紗(染織家)
講師経歴 アパレルデザイン会社勤務を経て、愛媛西予市野村町シルク博物館にて養蚕、座操り機での製糸、撚糸、染色、製織を学ぶ。2008年生家である「染司よしおか」に戻り、自然界に存在する植物で糸染め、織りを中心に制作を行う。
父・吉岡幸雄氏は、飛鳥天平以後、途絶えていた日本の色を染め物の技法を再現された植物染めの第一人者。三女の更紗さんは次代の担い手です。
備考

書籍・グッズ販売有り

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて