• 入会金不要

『日本史の論点』(古代史)を読む

中公新書編集部編

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『日本史の論点』の第1章「古代」(倉本一宏氏執筆)は、近年日本古代史学界で議論されている3世紀初頭から11世紀までの重要課題を全面的に取り上げた野心的な内容です。今回はこれをたたき台にしつつ、それぞれの論点に対してさらなる具体的に検討を加えてみます。時にはこの書物の論旨に反論する場合もあるかもしれません。受講者の方にも積極的に議論に参加してみてください。

会場 京都センター
開講日時 1 10月6日(日)13:00~15:00
開講日時 2 12月1日(日)13:00~15:00
開講日時 3 12月22日(日)13:00~15:00
開講日時 4 1月12日(日)13:00~15:00
開講日時 5 2月9日(日)13:00~15:00
開講日時 6 3月15日(日)13:00~15:00
講座回数 6回
受講料 6回 12,000円(資料代含む)、税別
*1回参加 2,300円、税別
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
講師 10月 6日 龔 婷(キョウ テイ)氏(総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻博士後期課程院生)
12月 1日 北康宏氏(同志社大学文学部教授)
12月22日 竹内 亮氏(京都府立大学文学部特任准教授)
1月12日 笹川尚紀氏(京都大学文化財総合研究センター助教)
2月 9日 吉野秋二氏(京都産業大学文化学部教授)
3月15日 鈴木拓也氏(近畿大学文芸学部教授)
カリキュラム 10月6日 邪馬台国はどこにあったのか
12月1日 大化の改新はあったのか、なかったのか
12月22日 女帝と道鏡は何を目指していたのか
1月12日 大王はどこまでたどれるのか
2月9日 墾田永年私財法で律令制は崩れていったのか
3月15日 武士はなぜどのように台頭したのか
途中入会 出来る
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて