• 入会金不要

日本美術の基礎

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都国立博物館の工芸・絵画担当の研究員が、日本美術史について時代を追ってお話しします。王朝文化が華開いた平安時代や、現代に繋がる芸能が多く生まれた室町時代、町衆文化が栄えた江戸時代に至るまで、それぞれの時代の美術品の魅力を紹介します。

会場 京都センター
開講日時 1 いずれも第4(日)13:30~15:00
開講日時 2 末兼先生:4月25日、6月27日、8月22日、10月24日
開講日時 3 井並先生:5月23日、7月25日、9月26日、11月28日
講座回数 8回
受講料 3回 9,900円 ※一回参加可3,630円
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
講師 末兼俊彦(京都国立博物館主任研究員)
井並林太郎(京都国立博物館学芸部企画室研究員)
講師経歴 【末兼俊彦】
1978年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程中退。2010年九州国立博物館に金工分野担当のアソシエイトフェローとして着任。以後、京都・東京の国立博物館研究員を経て現職。自身が手掛けた特集陳列「刀剣を楽しむ―名物刀を中心に―」が評判を呼び、18年秋に開催した特別展「京のかたな―匠のわざと雅のこころ―」(読売新聞社など主催)は25万人の来場者で話題を集めた。
【井並林太郎】
専門は日本古代中世絵画史で、平安時代から室町時代の絵巻・肖像画などを中心に担当する。主な仕事に「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」展(2019)など。
カリキュラム 第1回(4月、5月) 古代(奈良・平安時代など)
第2回(6月、7月) 中世前期(鎌倉時代など)
第3回(8月、9月) 中世後期(室町時代など)
第4回(10月、11月) 近世(江戸時代など)
*末兼先生担当:偶数月、井並先生担当:奇数月
途中入会 出来る
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

会員登録