• 入会金不要

1200年の時空を超えて 今に生きる伝教大師の教え 

伝教大師最澄1200年大遠忌 妙法院門跡 杉谷義純門主猊下の法話

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2021年が比叡山を開かれた伝教大師最澄の大遠忌1200年にあたるのを記念し、三十三間堂本坊天台五ヶ室門跡の筆頭「妙法院門跡」第五十二世門主の杉谷義純猊下が伝教大師の教えとともにその今日的意義を語ります。

平安仏教の一翼を担い、天台宗を日本に広めた名僧、伝教大師は、釈迦の教えの中でも『法華経』が説く理想の世界の実現を目指し、万人の存在価値を認めた「一隅を照らす。これすなわち国宝なり」の教えを世に示しました。それは利他の精神に通じ、現代では最も必要とされる考え方です。

さらに平安後期より京都東山に在し、後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりの地として知られる妙法院の歴史をひもとくと、そこには日本文化の源泉となった天台の教えに行きつくことが杉谷義純門主のお話から知ることができます。

会場 京都センター
開講日時 1 10月30日(土)11:00~12:00
講座回数 1回
受講料 3,000円
備考

国宝庫裡は現在、解体修理中です

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録