• 入会金不要

飛鳥・高松塚古墳からの伝言

高松塚古墳壁画発見50年記念講演会

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

飛鳥にある小さな円墳「高松塚古墳」。およそ半世紀前の1972年、極彩色の壁画が発見されました。青龍・白虎・玄武といった四神、天井の星宿、儀式の持ち物を捧げた男女の群像など、それまでは未知の画題が内部施設の壁に描かれていました。古代日本を東アジアの諸国や地域と比較するなかで解くことを伝えた発見です。発見直後の壁画の写真撮影に成功した便利堂のエピソードや壁画の歴史的意義、飛鳥の終末期古墳について語り合います。

会場 京都センター
開講日時 1 12月12日(日)13:00~15:30
講座回数 1回
受講料 3,300円(資料代含む)+「高松塚古墳壁画 撮影物語」(便利堂刊)990円
講師経歴 今尾文昭・関西大学非常勤講師
本城克彦・便利堂写真工房主任
備考

画像:高松塚古墳壁画 西壁女子群像(便利堂提供)

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録