• 入会金不要

中世城郭の歴史

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

私たちが知っているお城と言えば、一般的に江戸時代に築かれた近世城郭のイメージが強いです。それは、天守、御殿、石垣などを想像します。しかし、これらは戦国期の城郭の発達の延長のなかで現れてきたものです。どのような歴史的変遷を経て、お城は発達してきたのでしょうか。ここでは中世城郭の歴史をたどりながら、近世城郭への変遷を考えてみたいと思います。

 

会場 京都センター
開講日時 1 4月17日(日)10:00~11:30 中世前期の居館
開講日時 2 5月15日(日)10:00~11:30 櫓台の発達
開講日時 3 5月29日(日)10:00~11:30 惣構の展開
開講日時 4 6月5日(日)10:00~11:30 畝状空堀群の消長
開講日時 5 6月19日(日)10:00~11:30 虎口の発達
講座回数 5回
受講料 5回15,000円(資料代含む)  1回参加3,330円
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 筆記用具
講師 福島克彦(城郭談話会会員)
カリキュラム 1 中世前期の居館  4月17日
2 櫓台の発達    5月15日
3惣構の展開     5月29日 
4 畝状空堀群の消長  6月5日 
5虎口の発達     6月19日
途中入会 出来る
備考

画像:諏訪原城跡

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

会員登録

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録