• 一日体験可

王朝継ぎ紙

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

平安時代、宮廷の女房の間で生まれた和紙工芸です。金銀で装飾した染紙や唐紙を継ぎ合わせ、優雅で美しい画面を作ります。当時の継ぎ紙で唯一残された国宝「本願寺三十六人家集」をお手本に、破り継ぎ、切り継ぎ、重ね継ぎの三技法を使い、色紙、短冊から扇子やアクセサリーなども作ります。平安の伝統をお楽しみください。

会場 京都センター
開講日時 1 第4(木)10:30~12:30
開講日時 2 第4(木)13:30~15:30
講座回数 通年
受講料 9,720円(3か月分)
教材費 7,350円~8,400円(3か月分)
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 目打ち、カッター、ものさし(金属製か竹製)、ハサミ、墨のついてない小筆、鉛筆、消しゴム
講師 近藤陽子(王朝継ぎ紙研究会主宰) 
一日体験 2017年5月31日まで体験料1,000円(教材費等別途) ※随時体験できます(有料) ※要予約
途中入会 出来る
備考

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて