• 入会金不要

女優と太夫の京都絵巻

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

女優の高田美和さんと、「島原太夫」の司太夫さん、葵太夫さんが、京都市左京区の田中神社で鼎談、
吉原と島原のちがい、縁の深い新選組などについて語り合います。
伝統にのっとった正式参拝や太夫道中、清興(かしの式)などを見学し、「太夫遊び」も体験。
昼食は宮内庁御用達「魚重」の会席弁当を味わいます。

会場 叡山電鉄元田中駅集合、現地解散
開講日時 1 2月17日(日)10:30~14:00頃
講座回数 1回
受講料 28,000円(料理代含む)
講師 高田美和(女優)
司太夫
葵太夫
講師経歴 高田美和
1962年「青葉城の鬼」(映画・大映)でデビュー。
「眠狂四郎シリーズ」「座頭市シリーズ」「高校三年生」「十七歳は一度だけ」など数多くの映画に出演。
また「青い山脈」「水戸黄門」「渡る世間は鬼ばかり」「暴れん坊将軍」などテレビドラマでも活躍。

司太夫
京都市山科区出身。幼少から日舞、茶道、華道、筝などを習い、中学卒業後。祇園甲部の置屋「西村」で修業の後、16歳で舞妓になる。
島原のお茶屋「輪違屋」の当主に声をかけられ、23歳で太夫に。
現在日本に5人しかいない太夫の一人。

葵太夫
京都市山科区出身。1987年生まれ。
島原にて2歳8か月から禿(かむろ)、12歳から「振袖太夫(太夫の見習い)」となり、島原のしきたりを学んだ。
高校卒業後は志望していた声優になるため専門学校に進学。卒業後は役者、声優、ナレーターなどの活動のほか、アイドルユニットのメンバーとしても活躍した。
2013年正式に太夫としての活動に専念。2014年11月に下鴨神社にて「葵太夫」としてお披露目。
昔ながらに禿、振袖太夫より修業を積み、正式に太夫としてお目見えした太夫は半世紀ぶりのこととなる。
カリキュラム 正式参拝、ご神酒拝戴、直会(昼食)、清興(かしの式)ご披露、太夫遊び、記念撮影など。
備考

高槻センター

072-681-8218

高槻市紺屋町2-1
松坂屋高槻店6階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて