• 入会金不要

桂小五郎と幾松が 駆けた幕末京都

料亭「幾松」で会席弁当を味わう、「幾松の間」を見学

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

11/23(土)10:30~ 幕末の倒幕運動に大きな役割を果たした維新三傑の1人・桂小五郎。後の妻、芸妓・幾松と出会った花街の三本木や、今も残る「臨終の地」などのゆかりの地を巡ります。国の登録有形文化財に指定される「料亭 幾松」では、幾松が小五郎を新選組の追跡から命がけで守ったという逸話で有名な長持、「幾松の間」などを解説とともに見学し昼食を楽しみます。

会場 幾松
開講日時 1 11/23(土)10:30に京阪「神宮丸太町」駅集合~14:30頃解散
講座回数 1回
受講料 8,300円(昼食代込、税別)
講師 木村武仁(霊山歴史館学芸課長)
備考

高槻センター

072-681-8218

高槻市紺屋町2-1
松坂屋高槻店6階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて