• 一日体験可

はじめての腰掛タップダンスⓇ

コロナ渦のフレイル予防に

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

新型コロナウィルス感染症の予防を行い、フレイルに注意しながら健康維持に努めるためには、「栄養」「運動」「人とのつながり」の3つのポイントが重要です。人とのつながりが希薄になると、認知機能が著しく低下するおそれがあり、安心して暮らすためには、さまざまな不安やストレスを軽減させることが大事です。

三洋電機㈱井植敏・元会長が考案した「腰掛タップダンス®」。
椅子に腰をかけたままするタップダンスなので、転倒の心配がなく、シニア世代にピッタリ!
足首・太股を中心に、無理なく下半身全体の筋肉を鍛えることが可能です。「目指せ寝たきりゼロ」を合言葉に、安全で楽しい、おしゃれな健康維持法をご一緒に!

会場 高槻センター
開講日時 1 第2・4(水)12:00~13:00
講座回数 通年
受講料 13,860円(3か月分)
教材費 800円(初回のみ)
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 動きやすい服装、靴下、飲み物、お持ちの方はタップシューズ※タップシューズは入会後にご購入ください(料金別途ご案内)。
講師 安達 幸恵(元OSK日本歌劇団)
一日体験 随時体験(1,430円)、見学(15分程度)が可能です。※要予約
途中入会 出来る
備考

【フレイルについて】新型コロナウィルス感染症は、高齢者にとって感染の危険性だけでなく、家の閉じこもることのよる健康への悪影響が懸念されています。なかでも、動かないこと(生活不活発)で、フレイル(虚弱)が進みます。高齢者が2週間の寝たきりになると、失う筋肉量は、加齢による7年間で失う量に匹敵するといわれています。コロナ渦で外出を控えることは、歩行機会が失われ、筋肉の量や質の低下を招く大きな原因となるといえましょう。

高槻センター

072-681-8218

高槻市紺屋町2-1
松坂屋高槻店6階

特集PICKUP

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録