• 入会金不要

「倭国王権」への新視点

~「佐紀政権」から「河内政権」への展開~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

7月11日(月)スタート

4世紀中ごろまで奈良盆地北部の佐紀に営まれた大王陵群は、やがて河内平野に移行します。その背景に推認される「倭国王権」内で起きた政権交替劇を、日本書紀や中国史書などの日本・東アジア古代史に、考古学の視点を交えて解明します。

会場 高槻センター
開講日時 1 7月11日(月)10:30~12:00
開講日時 2 8月8日(月)10:30~12:00
開講日時 3 9月12日(月)10:30~12:00
講座回数 3回
受講料 3回9,570円(資料代含む)
講師 坪井恒彦(元読売新聞編集委員)
カリキュラム ▽7月11日 朝鮮半島の軍事混乱に対応を迫られた成務・仲哀の「佐紀政権」
▽8月 8日 泰和四年(369)、百済軍事同盟を締結した神功の「プレ河内政権」
▽9月12日 高句麗との全面戦争に突入した応神の「初代河内政権」
途中入会 出来る
備考

高槻センター

072-681-8218

高槻市紺屋町2-1
松坂屋高槻店6階

特集PICKUP

会員登録

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録