• 入会金不要

百舌鳥・古市古墳群への新視点

世界文化遺産登録直前特集

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽5月26日スタート

世界の王墓にも類を見ない超巨大前方後円墳を抱える大阪府の百舌鳥・古市古墳群がユネスコの諮問機関イコモス(国際記念物遺跡会議)の勧告を経て今夏、世界文化遺産への登録を目指しています。5世紀を中心とした東アジア激動の時代、大阪湾岸から河内平野にかけて続々と築造され続けたこの壮大な古墳群のなぞを、3回に渡って新たな視点から解き明かします。

会場 天満橋センター
開講日時 1 5月26日・6月23日・7月28日(日)13:30~15:00
講座回数 通年
受講料 6,480円(3回分全納)
教材費 資料代300円(3回分)
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 筆記用具
講師 坪井恒彦(読売新聞大阪元編集委員)
カリキュラム 2019年5月~7月
①5月26日=その成立の背景を探る―ヤマト王権内における河内勢力の台頭
②6月23日=その東アジアでの役割を探る―緊迫する朝鮮半島情勢と宋王朝の将軍号
③7月28日=その被葬者の実像を探る―「倭の五王」と記・記に描かれた古代の天皇系譜
備考

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて