• 入会金不要

古代日本の対外交流

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4月13日スタート

日本の古代は、日本の歴史の中では珍しく、紀元前後から奈良時代に至るまで長期にわたって海外との交流が続いた時代でした。それは文献ばかりではなく、古墳や遺跡にみることができます。このような諸外国との交流・交易や抗争を通じて、古代の日本では急速な国造りが進められてきました。そして、このような古代の日本は、また天皇や元号にみるように、近現代ばかりではなく現在の日本にも大きな影響を与えています。それら古代日本を物語る最新の考古資料など通じて、今の時代と古代日本を考えてみたいと思います。

会場 天満橋センター
開講日時 1 4月13日から第2(土)13:30~15:00
講座回数 通年
受講料 9,720円(6回分全納)、1回参加は各回2,484円(校費含む) 
教材費 ※当日の資料は別途実費
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 筆記用具
講師 関川尚功(元奈良県立橿原考古学研究所所員) 
カリキュラム 2019年4月~9月日程(予定)
4月13日(土)「中国漢王朝と古代日本の金印」
5月11日(土)「楽浪郡と中国文化」
6月 8日(土)「邪馬台国卑弥呼と銅鏡百枚」
7月13日(土)「百済・新羅の登場と古代日本」
8月10日(土)「倭の五王と中国南北朝」
9月14日(土)「聖徳太子と隋王朝」
途中入会 出来る
備考

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて