• 入会金不要

顕宗・武烈天皇の真実を探る

【火曜考古学】

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽10月1日スタート

『日本書紀』によると、顕宗(けんぞう)・武烈(ぶれつ)天皇は5世紀末から6世紀初頭にかけての時期に在位していたとされている天皇です。ところが古代史学界では、両天皇の実在性や記事の信憑性、陵墓の所在地などをめぐって、今なお諸説が対立したままの状態です。新たな視点から、両天皇に関する真実を明らかにしてみたいと思います。

会場 天満橋センター
開講日時 1 10月1日・11月5日・12月3日(火)13:00~14:30
開講日時 2 10月1日(火)13:00~14:30
開講日時 3 11月5日(火)13:00~14:30
開講日時 4 12月3日(火)13:00~14:30
講座回数
受講料 3回分前納5,400円、※1回参加は2,300円(それぞれ校費含む) ※税別
教材費 資料代別途(コピー代程度)
持ち物 筆記用具
講師 塚口義信(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授)
講師経歴 (プロフィール) 関西大学大学院文学研究科修士課程修了後、関西大学講師や堺女子短期大学学長・教授などを経て、現在、堺女子短期大学名誉学長・名誉教授。文学博士。奈良県香芝市文化財保護審議会会長、同史跡整備検討委員会会長、奈良県北葛城郡河合町文化財保護審議会会長、大阪府柏原市文化財保護審議会会長ほか。研究領域は日本古代史。主要著書として『神功皇后伝説の研究』(創元社/1980)、『ヤマト王権の謎をとく』(学生社/1993)などがある。学界の研究動向をわかりやすく紹介しながら、自説を展開するよう心がけている。
カリキュラム 2019(令和元)年10月~12月【全3回】
10月1日「顕宗・武烈天皇は架空の人物か」
11月5日「顕宗・武烈天皇の奥(おく)つ城(き)はどこか(1)」
12月3日「顕宗・武烈天皇の奥(おく)つ城(き)はどこか(2)」
途中入会 出来る
備考

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて