• 入会金不要

日本古代史の謎を探る「蘇我蝦夷・入鹿の実像に迫る」Ⅱ(6回)

火曜考古学

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

★2021年4月6日(火)スタート

近年、645年に勃発した乙巳の変(蘇我氏本宗滅亡事件)で打倒された、蘇我蝦夷・入鹿父子があらためて注目されています。彼らは本当に専横を極めたのか、彼らの墓はどこにあるのか、といったさまざまな問題を取り上げ、新しい視点から彼らの実像に迫ります。

会場 天満橋センター
開講日時 1 4月6日(火)13:30~15:00
開講日時 2 6月1日(火)13:30~15:00
開講日時 3 6月29日(火)13:30~15:00
開講日時 4 7月6日(火)13:30~15:00
開講日時 5 8月3日(火)13:30~15:00
開講日時 6 9月7日(火)13:30~15:00
講座回数 6回
受講料 11,880円(6回分前納)
1回参加は2,530円 ※要予約
教材費 資料代別途(コピー代程度)
持ち物 筆記用具
講師 塚口義信(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授、文学博士)
講師経歴 (プロフィール) 関西大学大学院文学研究科修士課程修了後、関西大学講師や堺女子短期大学学長・教授などを経て、現在、堺女子短期大学名誉学長・名誉教授。文学博士。奈良県香芝市文化財保護審議会会長、同史跡整備検討委員会会長、奈良県北葛城郡河合町文化財保護審議会会長、大阪府柏原市文化財保護審議会会長ほか。研究領域は日本古代史。主要著書として『神功皇后伝説の研究』(創元社/1980)、『ヤマト王権の謎をとく』(学生社/1993)などがある。学界の研究動向をわかりやすく紹介しながら、自説を展開するよう心がけている。
カリキュラム 【2021年4月~9月】
4月6日「蘇我氏は渡来系の豪族か」
6月1日「蘇我蝦夷・入鹿の奥津城はどこか(1)」
6月29日「蘇我蝦夷・入鹿の奥津城はどこか(2)」
7月6日「蘇我氏とタケシウチノスクネ伝説(1)」
8月3日「蘇我氏とタケシウチノスクネ伝説(2)」
9月7日「蘇我氏とタケシウチノスクネ伝説(3)」
途中入会 出来る
備考

※5月は休館日のため6月29日(5週目)に変更、日程・カリキュラムをご確認ください。

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

会員登録