• 入会金不要

太平記の世界を訪ねて(5回)

歴史ウォーク 記紀の世界

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『太平記』は、日本の古典文学作品の一つです。この『太平記』は、軍記物として、歴史文学に分類され、日本の歴史文学の中では最長の作品とされています。成立は室町時代ですが、作者は、諸説あり、確かなものはありません。内容は、3部構成で、後醍醐天皇の即位から鎌倉幕府滅亡までが第1部、建武の新政から後醍醐天皇崩御までが第2部、観応の擾乱を中心とした足利幕府内部の混乱を描いた第3部からなっています。今回は、この太平記の時代に焦点を当て、鎌倉時代末から、南北朝時代を生きた人物や事柄について、5つのテーマと場所を取り上げ、そのゆかりの地を訪ねて歩きたいと思います。

 ※木曜日コースか、土曜日コースをお選び下さい

会場 現地集合、解散
開講日時 1 木曜日コース 10:00頃集合、15:00頃解散
開講日時 2 土曜日コース 10:00頃集合、15:00頃解散
講座回数 5回
受講料 14,300円(5回分、資料代含む)※昼食代、拝観料別
講師 西山涼一(歴史ウォーク研究家)
カリキュラム 土曜コース
10月 2日(土)湊川の戦い、正成自刃、その戦いの足跡を訪ねて(神戸市)
11月 6日(土)楠木立つ、千早赤阪にその足跡を訪ねて(大阪府南河内郡千早赤阪村)
12月 4日(土)桜井の別れ、西国街道にその足跡を訪ねて(高槻市)
2月 5日(土)太平記の時代の勝者・足利尊氏の菩提を訪ねて(京都市北区)
3月 5日(土)近江の蓮華寺に六波羅探題滅亡の顛末を訪ねて(滋賀県米原市)

木曜コース
10月14日(木)湊川の戦い、正成自刃、その戦いの足跡を訪ねて(神戸市)
11月11日(木)楠木立つ、千早赤阪にその足跡を訪ねて(大阪府南河内郡千早赤阪村)
12月9日(木)桜井の別れ、西国街道にその足跡を訪ねて(高槻市)
2月10日(木)太平記の時代の勝者・足利尊氏の菩提を訪ねて(京都市北区)
3月10日(木)近江の蓮華寺に六波羅探題滅亡の顛末を訪ねて(滋賀県米原市)
備考

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録