• 入会金不要

飛鳥時代の歴史と文化をさぐる

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

10/13スタート
飛鳥時代は日本の歴史の中でも最も変化の多い時代です。そして、諸外国と交流や抗争を通じて最も関係の深かった時代で、この時代に形造られた、その影響は現代まで続いています。そして、これまでの古い時代から新しい時代への移り変わりの時代であるため、新旧が入り混じる混沌とした時代でもあります。このような特異な時代を文献と共に、遺跡や古墳の新しい成果から、今の時代との関わりから考えます。

会場 天満橋センター
開講日時 1 (土)13:30~15:00
講座回数 通年
受講料 9,720円(6回分全納)、1回参加は各回2,160円 ※資料代別
校費 要 ※校費についての説明は入会と受講の手引きをご覧ください
持ち物 筆記用具
講師 元奈良県立橿原考古学研究所所員  関川尚功 氏 
カリキュラム 10/13「大化の改新と難波宮」
11/10「斉明天皇と飛鳥の石造物」
12/08「百済滅亡・飛鳥から近江大津宮へ」
1/12「壬申の乱と天武天皇」
2/09「飛鳥浄御原宮と天武・持統朝」
3/09「藤原京の出現と古墳・寺院」
途中入会 出来る
備考

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて