• 入会金不要

邪馬台国と倭女王卑弥呼

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本の古代史・考古学界では、相変わらず邪馬台国所在地論争が盛んに行われています。日本国家の起源に関わる重要な問題であるだけに議論も白熱していますが、何が争点になっているのか、見えにくい部分もあります。そこでこの講座では、争点を整理しつつ、邪馬台国と倭女王卑弥呼について再検討を試みたいと思います。

会場 天満橋センター
開講日時 1 第1(火)13:00~14:30
講座回数 通年
受講料 9,720円(6回分全納)※資料代別、1回参加は2,160円 ※資料代別
教材費 実費(今期はテキスト2,100円の購入があります。その他コピー代実費。)
持ち物 筆記用具
講師 塚口義信(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授)
講師経歴 (プロフィール) 関西大学大学院文学研究科修士課程修了後、関西大学講師や堺女子短期大学学長・教授などを経て、現在、堺女子短期大学名誉学長・名誉教授。文学博士。奈良県香芝市文化財保護審議会会長、同史跡整備検討委員会会長、奈良県北葛城郡河合町文化財保護審議会会長、大阪府柏原市文化財保護審議会会長ほか。研究領域は日本古代史。主要著書として『神功皇后伝説の研究』(創元社/1980)、『ヤマト王権の謎をとく』(学生社/1993)などがある。学界の研究動向をわかりやすく紹介しながら、自説を展開するよう心がけている。
カリキュラム 10月3日「邪馬台国と倭女王卑弥呼」(10)
11月7日「邪馬台国と倭女王卑弥呼」(11)
12月5日「邪馬台国と倭女王卑弥呼」(12)
1月30日「邪馬台国と倭女王卑弥呼」(13)
2月6日 「邪馬台国と倭女王卑弥呼」(14)
3月6日 「邪馬台国と倭女王卑弥呼」(15)
途中入会 出来る
備考

天満橋センター

06-6941-1112

大阪市中央区天満橋京町1-1
京阪シティモール 7階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて