35件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

楽しむチョークアート

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽7月23日スタート 今メディアで多く取り上げられている注目の看板アート。看板以外にもインテリアやギフト用のアートとしても人気です。 指で混ぜ、色鮮やかで美しいグラデーションを作ります。全3回の講座では基礎から学んで頂き、毎回一つの作品を仕上げます。塗り絵感覚で楽しんで頂けますので、初心者の方、絵が苦手な方でも大丈夫です。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 3回
講師 礒野幸香(チョークアートクラブユリノキ主宰・チョークアートデザイナー・看板絵師・似顔絵師)
  • 一日体験可

ステンドグラス

~光が織りなす魅惑の芸術~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

ステンドグラスは時間や空間の変化をとおして魅力的な光を放ち人々を癒してくれます。ヨーロッパの教会の円窓にはめ込まれた大きなパネルやアンティークなティファニーランプはその代表ですが、最近では一般のご家庭でも窓用パネルやお部屋の間接照明ランプなど、さまざま形でステンドグラスが使われています。あなたも個性あるガラスをとおした彩りのある空間づくりを楽しんでください。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 奥田雅康(ステンドグラス スタジオ ユニコーン主宰)
  • 一日体験可

美しすぎる切り絵教室

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

アートナイフを使い、独特の雰囲気を持つ大人の切り絵を作ります。型紙を切る練習から始めてステップアップ。ご自分でお好きなモチーフからオリジナルの切り絵制作をマイペースに続けていきましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 横山路漫(切り絵作家)
  • 一日体験可

絵画教室

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

絵画の基礎から展覧会出品作の技術指導まで。新しい具象絵画を目指し、野外での写生も適時行います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 関口啓子(サロン・ドートンヌ会員)
  • 一日体験可

人物デッサン

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

初心者から経験豊かな人までそれぞれのペースで学べるデッサン教室。モデルは毎回違う衣装で、2~3週の固定のポースです。親しみやすい教室ですので是非遊びに来てください。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 八木茉莉子(二紀会会員)
  • 一日体験可

油絵入門

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

静物、人物、風景。心のつぶやきをキャンバスの上に表現し、公募展にもチャレンジしましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 関口啓子(サロン・ドートンヌ会員)
  • 一日体験可

洋画(初級)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

初めての方から中級者まで、静物画を主にテーマの決め方、画面の構成、配色について等、指導します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 南俊宏(日本美術家連盟会員 神戸芸術文化会議会員)

油絵

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

油絵の基本や構図を指導します。月1回はモデルによる裸婦やコスチュームのクロッキーも行います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 犬童徹(大阪教育大学名誉教授)
  • 一日体験可

日本画

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

初心者はりんごの鉛筆写生から、下図・本紙彩色へと進みます。以後は花鳥・風景・人物など好みのモチーフで経験を積み、進度に合わせて個別に指導します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 今井文二(創画会准会員)

写生基礎と日本画

デッサン力をあげる

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

伝統的な技法でありながら、現代性も併せ持つ日本画は、作品を重ねるごとに世界が広がります。初心者の方は写生から指導します。デッサンのみの受講も可能です。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 藤井智美(創画会 会員、京都日本画家協会理事)

大阪よみうり文化センターについて