97件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

特別考古学 邪馬台国時代のクニグニの交流・戦い

2019年4月―9月期

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

3世紀の日本列島には邪馬台国をはじめ多くの国があり、それぞれ交流し、戦っていた。 弥生時代以来の交流の中心は玄界灘から日本海沿岸のクニグニであり、その余波は太平洋岸に及び、倭国連合へと進んだ。 その状況を地域連合ごとに考えてみよう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 石野博信(兵庫県立考古博物館名誉館長)
  • 入会金不要

土曜の考古学「古代日本の原点を発掘するーヤマト王権時代Ⅱ」(4月~9月期)

-列島の歴史は東アジアの中でどう育まれてきたか-

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

「倭の五王」時代に続く5世紀末~6世紀は、中国では南宋の宋が滅んで南斉・梁朝へ、北朝の北魏も分裂の動乱の時代を迎えます。そして、倭国のヤマト王権でも朝鮮半島政策の挫折や皇位継承などを巡って諸勢力による激しい対立が繰り広げられていたようです。考古学的な成果に東アジアの動向、古事記・日本書記など文献資料をも重ね合わせながら、古代史の真相に迫ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 坪井 恒彦(読売新聞大阪本社元編集委員)
  • 入会金不要

邪馬台国と古代の日本(6回)

土曜考古学

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

4/20(土)スタート! 邪馬台国はどこにあったのか?100年にわたる長い論争をみると「魏志倭人伝」からの検討は、もはや限界。最後に残された方法として、考古学の最新成果に基づき考える必要があります。そして、邪馬台国から大和政権へ、どのように発展するのかも新たな視点で考えます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 6回
講師 関川尚功(元奈良県立橿原考古学研究所所員)
  • 入会金不要

『フランケンシュタイン』の真実(3回)

英国歴史紀行 科学の時代への挑戦

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

4/15(月)スタート 若干18歳のメアリ・シェリーがSF小説の先駆と言われる『フランケンシュタイン』に込めた深い意味は何なのか、死から生み出された怪物を通して何を訴えているのか。メアリの生涯、作品誕生の経緯、時代背景を解説し解き明かしていきます。作品中の美しい詩と情景の魅力もご紹介します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 3回
講師 橋本万里子(英米文学博士)
  • 入会金不要

所功・京都産業大学名誉教授「新しい元号のもつ意味」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

新しい元号が4月1日に発表され、5月1日に新天皇が即位されます。 次世代への理想や希望を表明する新元号は、どのようにして決められたのか、そこにどのような願いが込められているのでしょうか。 645年に定められた「大化」から「平成」までの元号は247にのぼります。それらはどのような古典に基づいているのか、それにどんな意味があるのか、この機会に少し深く考えてみませんか。 皇室文化に詳しい京都産業大学名誉教授の所功さんが平易に解説します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 所功(京都宮廷文化研究所代表理事、法学博士)
  • 入会金不要

怪異な歴史学

地獄・妖物・怪異

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4月21日スタート 千年の都・京都とその周辺の寺社や場に残された歴史の断片=怪異な物語をたどります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 6回
講師 西山克(関西学院大学文学部教授)

相手に響くプロフィール文章書き分け講座

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

プロフィールは履歴書ではありません。「会ってみたい」「この人なら」と思わせるには、読み手によって書き分けが必要です。同じ内容でも印象が違うプロフィールで、出会う前の好印象を作りませんか?印象別書き分けは、SNSやメールにも応用できます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 梅田センター
講座回数 1回
講師 武田みはる(文章スタイリスト、 kotonohaことのは主宰)

【展示会発表会】高槻紀伊國屋寄席

こちらでは受講生や講師の皆様の展示会・発表会情報をご案内しています

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2月23日(土) 開場13:00、開演13:30 天満橋センターで「落語散策そぞろ歩き」を担当している笑福亭純瓶さんと狐狸窟彦兵衛さんが、3年間の時をかけてまとめたガイドブック「笑福亭純瓶と行く上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き」から、「時うどん」を一席聞いて、江戸時代の時間の数え方やうどんの値段などについて読み解きます。 普段落語を聞く時に「?」と思いつつ流している部分がわかれば、落語鑑賞はもっと楽しくなりますよ。 ◎笑福亭純瓶「時うどん」ほか一席 ◎桂りょうば 演目は当日のお楽しみ ◎狐狸窟彦兵衛 落語解説

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 西武高槻店6階多目的ホール(JR高槻駅前)
講座回数
講師

【展示会発表会】辻ひろ子 読み語りの世界 祈りの太宰・泣かせる浅田

こちらでは受講生や講師の皆様の展示会・発表会情報をご案内しています

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

5月4日(土祝) 開場14:00、開演14:30 天満橋・神戸センターで「美しい話し方」や「名作を声に出して読もう!」などを担当している辻ひろ子先生の定期公演。 姉妹デュオ・井前慶子さん(ヴァイオリン)と井前典子さん(ピアノ)の演奏が物語を盛り上げます。 第一部「葉桜と魔笛」 (太宰治) 第二部「月島慕情」(浅田次郎)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 大丸心斎橋劇場(大丸心斎橋北館14階)
講座回数
講師
  • 入会金不要

大久保利通と明治日本の発展を担った男たち(5回)

~ものづくり日本の原点~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

5/23(木)スタート! 日本の近代化は維新三傑の一人、大久保利通が民間重視の殖産興業を進めた事から始まりました。大久保利通と西郷隆盛の影響を受けた「殖産興業の父」と呼ばれた前田正名、2代目京都市長として「京都100年の大計」で京都発展に尽力した西郷菊次郎、三島弥彦の父でもある鬼県令「三島通庸」、大阪商工会議所・大阪株式取引所を創設した五代友厚、グンゼ創業者の波多野鶴吉など、薩摩士族を中心に明治の発展に尽力した男たちの生き様をたどります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 5回
講師 原田良子(西郷隆盛研究家)

大阪よみうり文化センターについて