87件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

高槻城と芥川山城を歩く(3回)

~築城400年・続日本100名城選定記念~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

今年は高槻城築城400年記念、芥川山城は春に「続日本100名城」に選定されました。高槻城に拠点が移るまで多くの武将が城主となった芥川山城、近年発掘調査により新たな発見がされている高槻城跡。このかって高槻を治める拠点となった新旧の二城を、高槻城跡は森田克行氏、芥川山城は中西裕樹氏とそれぞれの専門家がご紹介します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 3回
講師 【10/12、26】森田 克行(高槻市立しろあと歴史館特別館長)、【11/9】中西 裕樹(高槻市立しろあと歴史館館長)
  • 入会金不要

とっとりが誇る霊山「三徳山」と「大山」の魅力【参加無料】

鳥取県日本遺産シンポジウム

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

修験の地として開創された「三徳山」と、山頂の池から地蔵菩薩が現れたとされる信仰の山「大山」。鳥取県が誇る二つの日本遺産に焦点を当て、真田広幸・倉吉市文化財協会会長と大山寺塔頭・圓流院住職の大館宏雄氏、山徳山三仏寺執事次長の米田良順氏らが、両霊山の知られざる特徴と魅力について語ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 ギャラリーよみうり(大阪市北区野崎町5-9、読売大阪ビル地階)
講座回数 1回
講師 真田広幸(倉吉市文化財協会会長)
大館宏雄(大山寺塔頭・圓流院住職)
米田良順(三徳山三佛寺執事次長)

朝から俳句

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

俳句を作るための知識と技法を手ほどきします。学びながら俳句の楽しさを実感できます。朝から脳を働かせ、秀句を考えてみましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 通年
講師 岩城 久治(俳人協会評議員・よみうり俳壇(京都)選者)
  • 入会金不要

新選組の最盛期 西本願寺と不動堂村の屯所後や油小路の決闘跡を巡る!

【特別公開】伊藤甲子太郎や藤堂平助の位牌

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

まずは、幻の屯所・不動堂村屯所の名前の由来となった明王院不動堂へ。そして西本願寺屯所跡や太鼓楼をめぐります。新選組と海援隊士らが死闘を繰り広げた天満屋騒動。新選組から離脱した御陵衛士が粛清された油小路事件。さらに本光寺では、伊藤甲子太郎・藤堂平助の位牌や本堂を特別参拝。内部抗争!激闘の新選組史をたどります。※雨天決行、事前予約要

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 1回
講師 木村 武仁(霊山歴史館 学芸課長)
  • 入会金不要

人生を奏でる 東儀秀樹講演会

よみうりカルチャーフェスティバル2017 in太閤園

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

ホームページからの募集は終了しました。当日券ございます。 奈良時代から1300年余り、雅楽を世襲する楽家(がっけ)に生まれながらも、伝統に縛られることなく音楽の世界に新たな息吹を吹き込もうと奔走する。 世界でも最高峰の楽団といわれる宮内庁楽部から独立。古典に現代音楽をコラボレーションさせるなど常に斬新な発想を取り入れていく。 常識に捉われず、そして挑戦することを躊躇しない彼の人生から見えてくるものとは。 東儀秀樹さんの素顔に迫ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 太閤園 ガーデンホール(JR 東西線大阪城北詰駅(3 号出入口)から徒歩約1分)
講座回数 1回
講師 東儀秀樹(雅楽師)
  • 入会金不要

京大宇宙落語会

in京都駅前

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京大出身の落語家・桂福丸さんと女流講談師の旭堂小南陵さん、太陽フレア研究の世界的権威で京大教授の柴田一成さんの3人が、古都で繰り広げるおもしろおかしな小宇宙の世界へ誘います。座談会も予定しています。 【プログラム】 司会・進行 磯部洋明(京都大学大学院総合生存学館准教授) 宇宙落語「生駒のオーロラ」ほか 桂福丸(落語家) 新作講談「アマチュア天文学の父・山本一清伝」旭堂小南陵(講談師) 宇宙講座「太陽、オーロラ、宇宙人!?」柴田一成(京都大学大学院理学研究科附属天文台長) 協力 京都大学大学院理学研究科附属天文台、認定NPO法人花山星空ネットワーク ※売上の一部を京大附属花山天文台へ寄付します

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 司会・進行 磯部洋明(京都大学大学院総合生存学館准教授)
桂福丸(落語家)
旭堂小南陵(講談師)
柴田一成(京都大学大学院理学研究科附属天文台長)
  • 入会金不要

日文研 倉本一宏教授の 戦争の古代史「刀伊の入寇」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本というと戦争ばかりしていた国と思われがちですが、前近代において、対外戦争はほとんど経験していませんでした。戦争について正しく分析することこそ、未来の戦争を防止する一番の手段です。数少ない古代の対外戦争のうち、七世紀後半に百済復興を目指して唐・新羅連合軍と戦って壊滅した白村江の戦いについて、何故に戦争に踏み切ったのか、そしてどうやって戦い、敗れたのかを、難解な史料を読み説きながら、その原因や戦略、戦術、結果を分析していきます。    

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)
  • 一日体験可

五七五で詠いましょう 川柳

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

楽しかったこと、悲しかったことなど、日々の心の中に生まれる小さなドラマを五七五に託して詠いましょう。川柳を通して、自分を深く見つめることで新しい世界が広がります。実作は初めてという方にも川柳のおもしろさを掴んでいただけるよう、基礎から丁寧に指導致します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 通年
講師 赤松 ますみ(川柳作家、川柳文学コロキュウム代表)
  • 入会金不要

古代史の愉しみ 『続日本紀』を読む(6回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

奈良時代史の基本史料である『続日本紀』を講読しながら、それぞれの講師が人物や事件、制度等のトピックスをわかりやすく解説します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 6回
講師 大江 篤(園田学園女子大学教授)
原 朋志(関西学院大学非常勤講師)
中本 和(関西学院大学非常勤講師)
  • 入会金不要

土曜の考古学「古代日本の原点を発掘する」

-列島の歴史は東アジアの中でどう育まれてきたか-

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

◇ 4月15日『初期国家「纒向」の誕生 -北部九州から大和への王権移譲を考える-』 ◇5月20日『卑弥呼を支えた王権の実態 -ホケノ山古墳の被葬者像を追う-』 ◇ 6月17日『鬼道王・卑弥呼の実像 -消滅した「青銅器祭祀」の背景を問う』 ◇ 7月15日『倭国と中国・魏王朝との関係 -『魏志』倭人伝の外交記事を読み直すー』 ◇ 8月19日『狗奴国との戦争がもたらした成果 -二代目女王「臺与」の謎を解く-』 ◇ 9月16日『「初期ヤマト王権」出現の背景 -西殿塚古墳と桜井茶臼山古墳の関係を探る-』

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 坪井 恒彦(読売新聞大阪本社元編集委員)

大阪よみうり文化センターについて