93件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

人生を奏でる 東儀秀樹講演会

よみうりカルチャーフェスティバル2017 in太閤園

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

奈良時代から1300年余り、雅楽を世襲する楽家(がっけ)に生まれながらも、伝統に縛られることなく音楽の世界に新たな息吹を吹き込もうと奔走する。 世界でも最高峰の楽団といわれる宮内庁楽部から独立。古典に現代音楽をコラボレーションさせるなど常に斬新な発想を取り入れていく。 常識に捉われず、そして挑戦することを躊躇しない彼の人生から見えてくるものとは。 東儀秀樹さんの素顔に迫ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 太閤園 ガーデンホール(JR 東西線大阪城北詰駅(3 号出入口)から徒歩約1分)
講座回数 1回
講師 東儀秀樹(雅楽師)
  • 入会金不要

京大宇宙落語会

in京都駅前

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京大出身の落語家・桂福丸さんと女流講談師の旭堂小南陵さん、太陽フレア研究の世界的権威で京大教授の柴田一成さんの3人が、古都で繰り広げるおもしろおかしな小宇宙の世界へ誘います。座談会も予定しています。 【プログラム】 司会・進行 磯部洋明(京都大学大学院総合生存学館准教授) 宇宙落語「生駒のオーロラ」ほか 桂福丸(落語家) 新作講談「アマチュア天文学の父・山本一清伝」旭堂小南陵(講談師) 宇宙講座「太陽、オーロラ、宇宙人!?」柴田一成(京都大学大学院理学研究科附属天文台長) 協力 京都大学大学院理学研究科附属天文台、認定NPO法人花山星空ネットワーク ※売上の一部を京大附属花山天文台へ寄付します

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 司会・進行 磯部洋明(京都大学大学院総合生存学館准教授)
桂福丸(落語家)
旭堂小南陵(講談師)
柴田一成(京都大学大学院理学研究科附属天文台長)
  • 入会金不要

今こそ知りたい「天皇家の歴史」特別編  皇位継承についての基礎知識

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

そもそも皇位を継承するとはどういうことか?三種の神器とは何なのか?皇位継承権を持っている人はどれくらいいるのか?退位した天皇は歴史上誰が最初?誰が最後?今だからこそ知っておきたい皇位継承に関する基礎的な知識のあれこれを「今こそ知りたい天皇家の歴史」を開講中の歌人・林和清がわかりやすくおもしろく解説します。日本人なら誰もが知っておきたい知識ばかりです。ぜひこの機会にご受講を。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 林和清(歌人)
  • 入会金不要

日文研 倉本一宏教授の 戦争の古代史「白村江の戦」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本というと戦争ばかりしていた国と思われがちですが、前近代において、対外戦争はほとんど経験していませんでした。戦争について正しく分析することこそ、未来の戦争を防止する一番の手段です。数少ない古代の対外戦争のうち、七世紀後半に百済復興を目指して唐・新羅連合軍と戦って壊滅した白村江の戦いについて、何故に戦争に踏み切ったのか、そしてどうやって戦い、敗れたのかを、難解な史料を読み説きながら、その原因や戦略、戦術、結果を分析していきます。 *10月6日「戦争の古代史 ~刀伊の入寇」を予定しています。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)
  • 入会金不要

京都の隠れ名所~ 知れば行きたくなる! ~

出版記念イベント

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

若村亮先生、著書:『~知れば行きたくなる!~京都の「隠れ名所」』出版を記念する講演イベントです。日本を代表する観光地であり、数多くの文化遺産を有する「京都」。有名な名所・旧跡には数多くの観光客が押し寄せ、常に賑わいを見せている町でありながら、実は見逃せない隠れたスポットも数多くあります。町なかにひっそりと建つ小さな社や石碑でも、信長・秀吉・龍馬などの歴史上の人物ゆかりの場所や、不思議なご利益を授かれるような名所が、京都という町のそこかしこにあります。観光客があまり訪れないスポットから、有名な社寺の知られざる真実まで、たっぷりとご紹介します。 画像提供:実業之日本社  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 1回
講師 若村 亮(京都学講師・㈱らくたび代表取締役)
  • 入会金不要

開港維新と神戸(2回)

~開港150年に~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽7/9 「幕末開港」 ▽8/6 「維新と神戸」

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 2回
講師 田辺眞人(園田学園女子大学名誉教授)
  • 入会金不要

太陽の脅威とスーパーフレア

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

地球と人類に大きな影響を与える太陽。 太陽フレア(爆発)が地球を直撃すると、停電や通信障害、人工衛星故障など様々な被害が発生すると言われています。 その100~1000倍のエネルギーを放つスーパーフレアが発生したら、地球災害はどうなるのか――。 太陽フレア研究の第一人者で宇宙物理学者の柴田一成氏が、その可能性と影響について、最新研究を基に解説します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 柴田一成(京都大学大学院理学研究科附属天文台台長)
  • 一日体験可

五七五で詠いましょう 川柳

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

楽しかったこと、悲しかったことなど、日々の心の中に生まれる小さなドラマを五七五に託して詠いましょう。川柳を通して、自分を深く見つめることで新しい世界が広がります。実作は初めてという方にも川柳のおもしろさを掴んでいただけるよう、基礎から丁寧に指導致します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 通年
講師 赤松 ますみ(川柳作家、川柳文学コロキュウム代表)
  • 入会金不要

京都「先の戦」から550年  『応仁の乱』著者が語る大乱の実像

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

戦前、東洋史家の内藤湖南は、応仁の乱を日本史上最大の事件と位置づけました。歴史の転換点として応仁の乱を高く評価する考えは戦後にも引き継がれましたが、下の者が上の者を倒す「下剋上」ばかりが強調され、応仁の乱そのものの分析はなおざりにされています。近年、研究が急速に進展し、応仁の乱の実像が解明されつつあります。拙著『応仁の乱』(中央公論新社)ではそうした最新の研究成果をご紹介しましたが、難しいとのご感想も賜りました。本講座では拙著の要点を分かりやすくご説明するとともに、拙著には十分に書ききれなかった部分も論じていきます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 呉座勇一(国際日本文化研究センター助教)
  • 入会金不要

京都 学びの現地講座「祇園祭 宵山」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都の夏といえば「祇園祭」。 歴史や山鉾のルーツ、ご利益などを楽しく解説します。 教室での講義の後、「きょうと和み館」で和食ランチをいただき、地下鉄で移動。 山鉾町では「山伏山」の二階会所への特別参拝、「鶏鉾」の鉾上参拝も予定しています。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター集合、現地解散
講座回数 1回
講師 小嶋一郎(京都産業大学日本文化研究所上席特別客員研究員)

大阪よみうり文化センターについて