19件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

特別考古学 古代近畿人の謎・ナゾ! (2017年10月ー3期)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本列島に人々が住み始めて数万年、近畿地方にも数多く遺跡が残る。ここ数10年、新聞・テレビなどで報道された数多くの古代人の歩みの中から、ナゾの多い遺跡を選び、少し近づいてみよう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数
講師 石野博信(兵庫県立考古博物館名誉館長)
  • 入会金不要

土曜の考古学「古代日本の原点を発掘する」(10月~3月期)

-列島の歴史は東アジアの中でどう育まれてきたか-

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2017年秋~カリキュラム 第3(土)13:30~15:30 ◇ 10月21日『卑弥呼の「男弟」-ヤマト政権執政王はいかに生まれたか-』 ◇11月18日『邪馬台国の先進文化-ヤマト政権戦略に引き継がれたか-』 ◇ 12月16日『邪馬台国~初期ヤマト王権の地域王国 -展開と役割とは-』 ◇2018年1月20日『記紀の「天皇系譜」-初期ヤマト王権との関係を探る-』 ◇ 2月17日『3世紀末からの中国大混乱期-初期ヤマト政権の対応は-』 ◇ 3月17日『倭国ならではの国家形成-ヤマト政権はいかに始動したか-』

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 坪井 恒彦(読売新聞大阪本社元編集委員)
  • 入会金不要

西洋美術史探訪講座 「西洋名画のウラ話あれこれ」

(前)大塚国際美術館のカリスマ学芸室長のユニークな解説

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽10月11日スタート 数ある有名絵画に隠された人生哲学など、名画を観ながら読み解いて行きましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 6回
講師 平田雅男(みやび芸術文化アカデミー主宰)
  • 入会金不要

桂南光さんと語る 大エルミタージュ美術館展

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽10月25日開催 上方落語界きっての美術愛好家で知られる落語家の桂南光さんが、兵庫県立美術館で開かれる「大エルミタージュ美術館展」(10月3日~18年1月14日)の魅力について、同美術館の河田亜也子学芸員らと語り合います。河田学芸員による作品解説も交えた内容であり、終了後、知識を蓄えた上で作品をご覧になれます。 ※写真=ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》1538年 油彩・カンヴァス ©The State Hermitage Museum, St Petersburg, 2017-18  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 兵庫県立美術館 1階ミュージアムホール(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通)
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

歴史ウォーキング 神戸から阪神間モダニズムへ

神戸開港150年記念

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

神戸開港150年を記念して、神戸・阪神間の近代化に関する歴史ウォーキングを開催。 「神戸の中の外国」「開港から殖産興業へ」「阪神間モダニズム」をテーマに幕末~維新以降のあまり知られることのない、ディープな史跡や記念碑を訪ねます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 駅改札集合、現地解散
講座回数 3回
講師 髙木應光(NPO法人神戸外国人居留地研究会)
  • 入会金不要

古代史の愉しみ 『続日本紀』を読む(6回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

奈良時代史の基本史料である『続日本紀』を講読しながら、それぞれの講師が人物や事件、制度等のトピックスをわかりやすく解説します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 6回
講師 大江 篤(園田学園女子大学教授)
原 朋志(関西学院大学非常勤講師)
中本 和(関西学院大学非常勤講師)
  • 入会金不要

徹底分析『日本書紀』

~日本書紀 編纂1300年記念を前にして~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『日本書紀』は720年に撰進された現存最古の正史です。それゆえ7世紀以前の日本の歴史を解明するうえに、最も重要な文献史料として位置づけられてきました。ところが、その内容にどこまで史実性があるのか、今日では大きくその地位が揺らいでいます。 この講座では、『日本書紀』はどのような書物であるのか、またこの書物によって7世紀以前の歴史がどこまでわかるのか!? などといった問題について、学界の第一線で活躍しておられる先生方に新しい視点からそれぞれの学説を語っていただきます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数
講師 ▽ 9月=中井 かをり(日本書記研究会会員)
▽10月=西川 寿勝 (日本書紀研究会会員)
▽11月=上遠野 浩一 (古代史の海編集長)
▽12月=塚口 義信(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授)
  • 入会金不要

現代訳からはじめる万葉集(6回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『万葉集』は、現在残されている最も古い歌集です。この講座では、歌を現代訳から読みはじめます。歴史や生活を背景に重ねながら、内容がとても身近に感じられます。テキストは、講師が毎回オリジナルで準備します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 6回
講師 市瀬 雅之(梅花女子大学教授)
  • 一日体験可

やさしい俳句

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

自分の中に眠っている十七文字の感性を呼び起こしてみませんか?今まで見えなかった世界が新鮮に広がります。素直な心で、やさしく俳句を楽しみながら「美しい日本語」を再発見致しましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 奥田好子(ホトトギズ同人 日本伝統俳句協会会員)
  • 一日体験可

俳句と生きる

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

平凡な生活や自然の中にはちょっとした驚き、発見があります。あなたの喜びや悲しみを五七五の詩型で表現して みませんか。生活に根ざした俳句は生きる力となります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 通年
講師 小田玲子(俳誌「百鳥」主要同人、俳人協会会員)

大阪よみうり文化センターについて