28件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

アイロンビーズを使って「ピクトグラムでデザイン!」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

オリンピックで話題になったピクトグラム(絵文字)は、言語に頼らず情報を視覚的に伝えることができます。絵を描くのとは違い、伝えたい様々な情報をシンプルな絵にまとめる工程を楽しみながら、オリジナルのピクトグラムをデザインしてみませんか。ピクトグラムを作るための大切なデザインの知識やコツを教えます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 6回
講師 金藤佳代子(グラフィックデザイナー)
  • 入会金不要

高野山ヒーリング阿字観瞑想入門(後期)<6回>2021.10月~2022.3月

~心の中の仏の宇宙への旅~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

入門クラス(前期クラス)受講者対象となります。 この瞑想講座では高野山に伝わる「阿息観」「月輪観」「阿字観」の三つの瞑想法を取り上げ、心のリラックスやストレスの緩和、集中力などを養うことをゆっくり体験しながら実修します。 高野山に伝わる密教瞑想は、シンプルながら心を癒し、いのちの本源である仏の光と自分が一体であることを体感する瞑想法です。心の中の仏の宇宙への旅にあなたも出かけてみませんか。 宗教宗派は問いません。瞑想は初めてという方もお気軽にご参加ください。  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 6回
講師 大園眞光 阿闍梨(高野山真言宗大僧都、阿字観瞑想指導者)
  • 入会金不要

心を癒す高野山ヒーリング阿字観瞑想(習熟編)<6回>2021.10月~2022.3月

~心の中の仏の宇宙への旅~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

高野山に伝わる代表的な密教瞑想法で、こころのリラックスやストレスの緩和、集中力などを養うことをゆっくり実修しながら体得していきます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 6回
講師 大園眞光 阿闍梨(高野山真言宗大僧都、阿字観瞑想指導者)
  • 入会金不要

高野山ヒーリング阿字観瞑想入門(前期)<6回>2021.10月~2022.3月

~弘法大師空海の瞑想を学ぶ~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

「辛いことがあっても揺るがず、いつも心穏やかに生きたうい」「もっと精神的に強い自分になりたい」「心の安らぎをみつけたい」…そういう気持ちを抱いた時、答えを探す方法の一つとして、仏教やヨガの伝統の中で受け継がれてきたのが「瞑想」です。 この瞑想講座では高野山に伝わる「阿息観」「月輪観」「阿字観」の三つの瞑想法を取り上げ、心のリラックスやストレスの緩和、集中力などを養うことをゆっくり体験しながら実修します。 この密教瞑想は、シンプルながら心を癒し、いのちの本源である仏の光と自分が一体であることを体感する瞑想法です。心の中の仏の宇宙への旅にあなたも出かけてみませんか。 宗教宗派は問いません。瞑想は初めてという方もお気軽にご参加ください。      

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 6回
講師 大園眞光 阿闍梨(高野山真言宗大僧都、阿字観瞑想指導者)
  • 入会金不要

飛鳥・高松塚古墳からの伝言

高松塚古墳壁画発見50年記念講演会

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

飛鳥にある小さな円墳「高松塚古墳」。およそ半世紀前の1972年、極彩色の壁画が発見されました。青龍・白虎・玄武といった四神、天井の星宿、儀式の持ち物を捧げた男女の群像など、それまでは未知の画題が内部施設の壁に描かれていました。古代日本を東アジアの諸国や地域と比較するなかで解くことを伝えた発見です。発見直後の壁画の写真撮影に成功した便利堂のエピソードや壁画の歴史的意義、飛鳥の終末期古墳について語り合います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

秀吉と京都の城

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

徳川家康は織田信長が襲撃された本能寺の変を意識して、二条城を築いたといいます。逆に言えば、信長は足利義輝の暗殺事件から学ばなかったことになります。こうした中、京都に初めて本格的な城館を築いたのは豊臣秀吉です。聚楽、御土居、伏見指月、伏見木幡山、京都新城と、京都における秀吉の城の変遷を検証します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 4回
講師 福島克彦(城郭談話会会員)
  • 入会金不要

三好長慶の城郭

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

三好長慶は近年「最初の天下人」「織田信長の先駆け」とも評価される近畿と四国の支配者です。その居城は大阪府高槻市の芥川城や、大東市・四條畷市にまたがる飯盛城でした。飯盛城は今年、国史跡にふさわしいと答申がなされた注目の城郭。芥川城も国史跡を目指しており、両方とも畿内最大級の山城です。長慶の軌跡をたどりながら人物像に迫ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 天野忠幸(天理大学文学部歴史文化学科歴史学研究コース准教授)
  • 入会金不要

1200年の時空を超えて 今に生きる伝教大師の教え 

伝教大師最澄1200年大遠忌 妙法院門跡 杉谷義純門主猊下の法話

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2021年が比叡山を開かれた伝教大師最澄の大遠忌1200年にあたるのを記念し、三十三間堂本坊天台五ヶ室門跡の筆頭「妙法院門跡」第五十二世門主の杉谷義純猊下が伝教大師の教えとともにその今日的意義を語ります。 平安仏教の一翼を担い、天台宗を日本に広めた名僧、伝教大師は、釈迦の教えの中でも『法華経』が説く理想の世界の実現を目指し、万人の存在価値を認めた「一隅を照らす。これすなわち国宝なり」の教えを世に示しました。それは利他の精神に通じ、現代では最も必要とされる考え方です。 さらに平安後期より京都東山に在し、後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりの地として知られる妙法院の歴史をひもとくと、そこには日本文化の源泉となった天台の教えに行きつくことが杉谷義純門主のお話から知ることができます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

「歎異抄」を読む

ー親鸞のことばにふれるー

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『歎異抄』は親鸞の門弟によって著された書物であり、親鸞が門弟に語りかけたことばが収録されています。それらのなかから代表的な文章をとりあげ、初めて読む人にもわかりやすく解説しながら、親鸞の生き方をみなさんと考えます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 通年
講師 三木彰円(大谷大学文学部 真宗学科教授)
  • 入会金不要

古文書・古記録から読み解く幕末日本②

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

坂本龍馬、勝海舟、近藤勇……。世代を超えて興味、関心を集める彼らの手紙や日記を読み、熱い想いを理解するとともに150年前の日本について今一度、考えてみましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 10回
講師 笹部昌利(京都産業大学文化学部准教授)

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録