85件中 11~20件を表示しています

  • 入会金不要

戦国武将列伝part3(3回)

~戦国の覇者たち~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

7月9日スタート! 一時的に覇者となった戦国大名を取り上げ、その武将の生きざまを検証します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 3回
講師 西山 涼一(歴史ウオーク研究家)
  • 入会金不要

刀剣マスター末兼俊彦の日本刀講座1.2.3.

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本の美術・工芸作品を代表するものの一つが日本刀です。この講座では我が国における文化財としての刀剣を中心に、これら日本刀が文化史や美術史の上でどのような役割を果たしてきたのかを解説いたします。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 3回
講師 末兼俊彦(京都国立博物館主任研究員)
  • 入会金不要

日本神話と天皇

御代替わりの祭儀をめぐって

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2019年は御代替わりの年で、挙行される行事や祭儀は日本神話に基づいており、歴史と深く関わっています。 「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの文献に沿って天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 6回
講師 榎本福寿(佛教大学文学部教授)
  • 入会金不要

日本神話と天皇~御代替わりの祭儀をめぐって~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2019年は天皇の御代替わりにあたる年で、さまざまな行事や祭儀が予定されています。実は、それらの行事は日本神話に基づいており、歴史と深い関わりがあります。「古事記」「日本書記」「万葉集」などの文献に沿って、日本神話と天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 6回
講師 榎本福寿(佛教大学名誉教授)
  • 入会金不要

大和の古寺から読む古代史(6回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

古代の寺院は当該期の政治と深く関わりながら展開しました。考古学や美術史と深い接点を持つ領域でもあります。日本の精神文化を基礎づける仏教文化の発信拠点として、学界における最新の研究状況を踏まえながら具体的に取り上げます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 6回
講師 4月:北康宏氏(同志社大学文学部教授)
5月:前田晴人氏(大阪経済法科大学教養部客員教授)
6月 : 米田雄介氏(元正倉院事務所長)
7月:鷺森浩幸氏(帝塚山大学文学部日本文化学科教授)
9月 8日:竹内 亮氏(京都府立大学文学部特任准教授)
9月22日:佐々田悠氏(宮内庁正倉院事務所技官)
  • 一日体験可

猿田彦と「天皇制」

古事記・日本書紀の真実を求めて

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4月22日スタート 「神武天皇」の名で呼ばれる英雄の大和入りは紀元3世紀の初頭と推定されますが、古事記・日本書紀におけるその記述の中心部分は、猿田彦族の語り部が伝承していた自分たちの「大和盆地進入」(紀元前7世紀ころ)の主語を「神武天皇」に置き換えたものだと考えられます。そもそも「天孫族」のイメージも、高い文明の地からやってきた猿田彦族から借りたはずです。真実は、猿田彦こそ最初の太陽神であり、そのイメージを襲って「太陽神・天照大御神」が創案されたのでしょう。猿田彦族は「和邇氏」として初期の天皇家を支えた筆頭の家柄でした。春日大社の地の原住者・春日氏も、万葉集の歌聖・柿本人麿の柿本氏も、この和邇氏の一族です。あらゆる手段をつかって天皇家の周辺から猿田彦族と和邇氏の存在を消し去り、藤原氏に置き換えること、そのためにこそ、古事記・日本書紀は書かれたのです。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 通年
講師 光田和伸(元国際日本文化研究センター准教授)
  • 入会金不要

古代史の風景(2019年4月スタート)

~その「実」と「虚」に迫る~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

わが国では飛鳥時代以来、古代の都市である「みやこ」を舞台に、天皇や豪族・貴族たちを中心にさまざまな歴史が展開され、人間模様が繰り広げられてきました。そこに生き、かつ亡くなった人びとの生き様は古代の歴史や文化そのものの姿であり、社会の特質を映し出す鏡であったといえます。講座では飛鳥時代から平安時代にいたる主な事件や人物を取り上げ、時間的・空間的な広がりのなかに位置づけてその「虚実」をあぶり出してみたいと思います。古代史の面白さ・楽しさを味わってみませんか。  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 6回
講師 瀧浪貞子(京都女子大学名誉教授)
  • 入会金不要

中村武生の平安京・京都の歴史を初歩からまなぶ ⅩV(6回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

剣豪将軍として知られる13代足利義輝の生涯について、ゆかりの地を訪ねながら、激動の戦国期を迎えた京都を扱い、お話しします。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 奇数月は現地です
講座回数 6回
講師 中村 武生(歴史地理史学者、『中村武生とあるく洛中洛外』著者)
  • 入会金不要

高野山ヒーリング阿字観瞑想入門(前期)<6回>

~弘法大師空海の瞑想を学ぶ~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

「辛いことがあっても揺るがず、いつも心穏やかに生きたうい」「もっと精神的に強い自分になりたい」「心の安らぎをみつけたい」…そういう気持ちを抱いた時、答えを探す方法の一つとして、仏教やヨガの伝統の中で受け継がれてきたのが「瞑想」です。 この瞑想講座では高野山に伝わる「阿息観」「月輪観」「阿字観」の三つの瞑想法を取り上げ、心のリラックスやストレスの緩和、集中力などを養うことをゆっくり体験しながら実修します。 この密教瞑想は、シンプルながら心を癒し、いのちの本源である仏の光と自分が一体であることを体感する瞑想法です。心の中の仏の宇宙への旅にあなたも出かけてみませんか。 宗教宗派は問いません。瞑想は初めてという方もお気軽にご参加ください。      

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 6回
講師 大園眞光 阿闍梨(高野山真言宗大僧都、阿字観瞑想指導者)
  • 入会金不要

「万葉集」を楽しむ

【2019年4月~9月期】

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『万葉集』は、現在残されている最も古い歌集です。この講座では、歌を現代語訳から、歴史や文化、風土への解説を加え、訓読・原文まで読みます。1回ごとに話が完結しており、テキストは毎回講師のオリジナル。静かな午前中、心穏やかに『万葉集』を開いてみませんか。 講師ホームページ:http://www.baika.ac.jp/~ ichinose/  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 神戸センター
講座回数 6回
講師 市瀬 雅之(梅花女子大学教授)

大阪よみうり文化センターについて