84件中 11~20件を表示しています

  • 入会金不要

細川ガラシャの生涯(1回)

~明智光秀の娘~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

5/28(木)13:30~ 明智光秀の娘・細川ガラシャ(玉)は、乱世を生きた女性の中でも悲劇の最期を遂げた人物として有名です。父光秀の起こした「本能寺の変」により「謀反人の娘」となった、波乱に満ちたガラシャの生涯を辿ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 1回
講師 原田良子(歴史研究家)
  • 入会金不要

古文書・古記録から読み解く幕末日本 

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

坂本龍馬、勝海舟、近藤勇……。世代を超えて興味、関心を集める英傑らの書状や日記を読み、熱い想いを理解するとともに150年前の日本について今一度、考えてみましょう。くずし字の読み方も指導します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 11回
講師 笹部昌利(京都産業大学文化学部准教授)
  • 入会金不要

『日本書紀』と日本の古代文化

—— 日本書紀1300年記念 ——

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4月11日スタート 今年、令和2(2020)年は古代日本の最初の正史である「日本書紀」が奈良の都で完成して、ちょうど1300年にあたります。世界的にみても今に続く国家で、これほど古い正式な国の歴史書はほとんどありません。しかもその内容は神話の時代から始まり、日本の建国の事情、そして古墳時代から飛鳥の持統天皇の時代まで、興味深い事柄が実に細かく記されています。対外関係の記事もかなり多く、外国の史書にない貴重な記事もあります。このような「日本書紀」の記事と古墳など考古の成果を通じて、そこから古代日本の歴史と文化をみてみたいと思います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 6回
講師 関川尚功(元奈良県立橿原考古学研究所所員) 
  • 入会金不要

林和清の人間ドラマ歴史館・藤原一族の陰謀<全18回>

《第三期中世編・6回》

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽4月7日スタート 古代から近代まで1200年もの間、栄枯盛衰を繰り返し、一大勢力を保ち続けた藤原一族が巻き起こした乱や人物に焦点を当て、掘り下げていきます。歴史好きな方もくわしくない方も映画を見るように楽しんでいただけます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 6回
講師 林和清(現代歌人集会理事長)
  • 入会金不要

日本古代史の謎を探る  6・7世紀の政権抗争②

【火曜考古学】

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

6世紀末から7世紀前半にかけての時代は、587年に勃発したいわゆる蘇我・物部戦争にみられるように、大王や王族・豪族たちが入り乱れて争っていた時代でした。この講座では、当時の政治情勢を詳しく分析してその原因を明らかにするとともに、彼らの政治的立場や権力基盤、奥つ域(おくつき)などについても考えてみます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天満橋センター
講座回数 3回
講師 塚口義信(堺女子短期大学名誉学長・名誉教授、文学博士)
  • 入会金不要

新選組・鳥羽伏見の戦いの淀を歩く

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

4/12日(日)13:30~ 戊辰戦争の緒戦となった、鳥羽伏見の戦いの激戦地、淀を歩きます。 新選組六番隊隊長、井上源三郎の首が埋葬されたと推定される場所や、旧幕府軍の戦死者が埋骨された文相寺、長円寺、東運寺などを巡ります。また、淀藩と徳川幕府の関わりを学び、老中を輩出する名門の淀藩がなぜ旧幕府軍を裏切ったのか、その謎に迫ります。講師は霊山歴史館学芸課長の木村武仁さん。 ※画像=鳥羽伏見の戦いを描いた錦絵「毛理鳴山官軍大勝利之図」

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京阪「淀」駅集合、17:00頃解散
講座回数 1回
講師 木村武仁(霊山歴史館 学芸課長)
  • 一日体験可

短歌~三十一文字の魅力~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

実作や作品鑑賞を通して初めての方も長く親しまれている方も共に短歌の魅力を学びます。日々の心に浮かぶ思いを三十一文字(みそひともじ)で表現してみませんか。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 通年
講師 畑谷隆子(「好日」選者、日本歌人クラブ京都府幹事)
  • 一日体験可

源氏物語を読む

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『枕草子』に、「つれづれなぐさむもの。碁、双六、物語」とあります。物語は女性の暇つぶしに読まれるものでした。少女漫画、メロドラマを楽しむ感覚で『源氏物語』を楽しく読みます。平安時代の高貴な人々のお話ですが、現在の私たちにも通じる人の心が描かれています。名場面を原文で読むことを通じて、紫式部の表現力の豊かさを味わい、描かれた人生に思いを馳せましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 通年
講師 池田節子(駒沢女子大学日本文化学科教授)
  • 入会金不要

源氏物語を読む「桐壺と帚木」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

『枕草子』に、「つれづれなぐさむもの。碁、双六、物語」とあります。物語は女性の暇つぶしに読まれるものでした。少女漫画、メロドラマを楽しむ感覚で『源氏物語』を楽しく読みます。平安時代の高貴な人々のお話ですが、現在の私たちにも通じる人の心が描かれています。1帖「桐壺」を原文で読むことを通じて、紫式部の表現力の豊かさを味わい、描かれた人生に思いを馳せましょう。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師 池田節子(駒沢女子大学日本文化学科教授)
  • 入会金不要

京懐石でまなぶ 大人のたしなみ

都をどりとおばんざい編 祇園豆寅

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京の街にはさまざまな伝統芸能が根付いています。 京都・南座で春の風物詩「都をどり」を一等席で鑑賞した後、日本舞踊西川流師範の西川影戀さんが花街の魅力や、京の家庭に伝わる「おばんざい」について解説します。 洗練された豆皿懐石料理店として知られる祇園「豆寅」の料理を囲みながら学びます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方には案内を送付します )
講座回数 1回
講師 西川影戀(日本舞踊西川流師範)

大阪よみうり文化センターについて