38件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要
  • キャンセル待ち

京懐石でまなぶ 大人のたしなみ

都をどりとおばんざい編 祇園豆寅

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京の街にはさまざまな伝統芸能が根付いています。 京都・南座で春の風物詩「都をどり」を一等席で鑑賞した後、日本舞踊西川流師範の西川影戀さんが花街の魅力や、京の家庭に伝わる「おばんざい」について解説します。 洗練された豆皿懐石料理店として知られる祇園「豆寅」の料理を囲みながら学びます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方には案内を送付します )
講座回数 1回
講師 西川影戀(日本舞踊西川流師範)
  • 入会金不要
  • 女性のみ

女性のための競馬入門(女性専科)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

3/29(日)10:00~ 緑のターフを華麗に走るサラブレッドたち。ゴール前の興奮…。「一度は競馬場に行ってみたいけれど、右も左も分からなくて…」という方のために特別に企画。通常、一般の方は入室できない阪神競馬場の特別来賓室で迫力満点のレースを楽しみます。馬券の購入方法や当日のレースの予想も専門家が分かりやすく解説 します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 阪神競馬場(宝塚市)
講座回数 1回
講師 中川 秀一( 競馬エッセイスト)
  • 入会金不要

ハワイまるごとツアー

咲くやこの花館で学ぶ

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

世界のさまざまな気候帯に生育する植物を展示している「咲くやこの花館(大阪市鶴見区)」で、ハワイの歴史や文化、自然について理解を深めます。館内の温室を巡る<ハワイの植物ツアー>では、絶滅危惧種のギンケンソウ=写真=などについて解説します。ハワイに関する習い事などをされている方には知識がより深まり、今後に役立てていただける内容となっています。 リボンレイのチャームもお持ち帰りいただけます。ハワイのレシピを使ったランチ付き。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 咲くやこの花館(大阪市鶴見区)
講座回数 1回
講師 カンブラゆうこ(ハワイ文化研究家)
  • 入会金不要

東大寺二月堂「修二会」現地解説

古都に春を呼ぶ東大寺のお水取りを解説つきで見学

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2020年3月6日(金)17:00~19:30 早春の宵闇に包まれる凛とした東大寺二月堂。荘厳且つ勇壮な行事「修二会」にふれてみませんか。 別名「お水取り」とも呼ばれ、「お松明」は有名です。その火の粉をかぶると1年間、無病息災になるという伝えもあります。人々が知らず知らずに犯した過ちや罪を二月堂の本尊十一面観音(秘仏)に対し、一心に悔過(懺悔)する行を中心とした「修二会(しゅにえ)」は国家安泰・万民豊楽を祈願するともいわれています。「修二会」の内容や歴史、エピソードを、京都産業大学日本文化研究所上席特別客員研究員の小嶋一郎さんが、現地で解説します。お松明の後には、練行衆達の「行」の様子を二月堂内御局(参拝者用スペース)から聴聞します。 夕食は、春日ホテル内のレストラン「春日」で「すき焼膳」をご用意します

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 近鉄奈良駅東コンコース(地下)集合
講座回数 1回
講師 小嶋一郎(京都観光おもてなし大使)
  • 入会金不要

創業110周年の「奈良ホテルを訪ねる」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

建築家「辰野金吾氏」が手がけた奈良ホテルは、明治42年に奈良公園内に建てられ、2019年に110周年を迎えるなど、長きにわたり営業を続けるクラシックホテルです。お茶をしながら、ホテルの歴史や辰野金吾氏についての講演を聞き、そのあとホテル内を見学します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方には案内を送付します )
講座回数 1回
講師 二村盛寧(京都産業大学 日本文化研究所 上席特別客員研究員)
  • 入会金不要

ぶらり歴史の道『武将と城、ゆかりの地を訪ねて』

2020年冬~春

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本の戦国時代には2万以上の城が築かれたといわれています。近畿地方にゆかりのある武将の城跡を訪ねます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 お申し込みの方に詳しい案内を送ります
講座回数 4回
講師 西山涼一(歴史ウォーク研究家)
  • 入会金不要

数寄屋建築と池泉回遊式庭園「白河院」を訪ねて

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都岡崎、東山の借景を愛でながら閑雅な風情を今に佇む白河の畔に、近代建築の重鎮、武田五一設計の数寄屋造りと七代目植地、小川治兵衛が作庭した池泉回遊式の庭園(京都市指定名勝)を有する「白河院」を訪ねます。大正時代の贅と粋を極めたディテールの数々を京都華頂大学の川島智生教授が解説。白河院で食事の後は、洋画家の梅原龍三郎や須田国太郎を輩出した関西美術院(武田五一設計)も訪ねます。 ※料理はイメージです

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 白河院(京都市左京区岡崎法勝寺院16)
講座回数 1回
講師 川島智生(建築史家)
  • 入会金不要

清少納言も歩いた「伏見稲荷大社」初午まいり

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

2020年2月9日(日)13:00~ 伏見稲荷大社が創建された当時は稲荷山の上に神々を祀っており、社を巡ることを都では「お山する」と言っていました。2月の最初の午の日は、稲荷神が稲荷山に降臨された日で、この日に「お山する」とお稲荷さんのパワーが最も強く授かると伝わります。伏見稲荷大社を歩き、その歴史を学びます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 伏見稲荷大社
講座回数 1回
講師 小嶋一郎(京都観光おもてなし大使)
  • 入会金不要

京漆器「象彦」十代当主夫人 西村和美の「時代(とき)を継(つな)ぐ」

京の女将さんシリーズ第12弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

寛文元年(1661)、寺町綾小路で象牙屋から漆器道具商として歩み出した老舗「象彦」。漆工に優れ名匠と讃えられた三代目が「蒔絵司」の称号を朝廷から拝受。作品「白象と普賢菩薩」が洛中で話題を集め、その名は広く知れ渡るようになりました。御所、皇室の仕事にも携わり、G20大阪サミット2019首脳配偶者への記念品に宝石箱が選ばれるなど、象彦は日本を代表する漆器商として躍進を続けています。350年の歴史ある家に生まれ、十代当主夫人として現代スタイルに息づくデザインを手掛ける西村和美さん。職人の手によって幾層にも塗り重ねられる工程と螺鈿、蒔絵などを施した歴代匠の作品を鑑賞しながら、漆器の魅力を語ります。昼食は出汁に定評のある「西むら」で京会席を味わいます。 主催 大阪よみうり文化センター 後援 読売新聞大阪本社

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 象彦 京都寺町本店 (京都市中京区寺町通二条上る西側要法寺前町)
講座回数 1回
講師 西村和美さん(京漆器「象彦」十代当主夫人)
  • 入会金不要

古寺名刹巡礼~「かくれ里」を訪ねて~(5回)

2020年春

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

▽2020年2月20日スタート 国土の8割が山である日本には山間の僻地も多く、そんな場所にも古い歴史とともに、国宝級の文化財が残されていることがあります。そんな場所を白洲正子は、「かくれ里」という紀行文にまとめ、出版しました。「かくれ里」とは、世を避けて隠れ偲ぶ村里とあります。そこで、今回は、文筆家・白洲正子にあやかり、「かくれ里を訪ねて」というテーマで、ゆかりの古寺・名刹を訪ねて歩きたいと思います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散(お申込みの方に詳しい集合場所をご案内します)
講座回数 5回
講師 西山涼一(歴史ウオーク研究会)

大阪よみうり文化センターについて