14件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

100人限定 新選組展2022特別鑑賞講座「刀剣の幕末事情」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

最新の知見から新選組の実像に迫った「新選組展2022―史料から辿る足跡」(読売新聞社など主催)が、京都文化博物館で開催されるのに合わせ、10月26日の閉室後を利用し、100人限定の特別鑑賞講座を開きます。 会場には、土方歳三が愛用したことで知られる『銘 和泉守兼定』を展示。刀は十一代兼定の手によるもので、武術に長けた土方が実戦で用いたとされ、使用痕が残っています。土方が兼定を愛用したことは近藤勇の書簡にも触れられています。 講座では末兼俊彦・京都国立博物館主任研究員=写真=が、幕末・激動の時代を生きた志士とともに歩んだ刀剣の魅力を解説します。   刀 銘和泉守兼定 土方歳三資料館蔵 (展示期間10月1日~11月23日)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都文化博物館別館ホール(京都市中京区三条通高倉西入る)
講座回数 1回
講師 末兼俊彦(京都国立博物館主任研究員)
  • 入会金不要

京都の花街 亜佐子ちゃん撮影会

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

10月25日(火)13:30~15:30(雨天決行) 京都花街、祇園甲部。愛嬌たっぷりの人気舞妓・亜佐子ちゃんをモデルに、間近でゆっくりと撮影してみませんか。 日中に出会える貴重な時間。亜佐子ちゃんの微笑みを残すまたとない機会です。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 天台圓淨宗の本山寺院 盧山寺(京都市上京区寺町通広小路上る北之辺町397)
講座回数 1回
講師 溝縁ひろし(日本写真家協会会員・四国霊場会公認先達)
  • 入会金不要
  • キャンセル待ち

創業110年のクラシックホテル 奈良ホテルを訪ねる

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

★キャンセル待ち(7/29現在) 建築家、辰野金吾氏が手がけた奈良ホテルは、明治42年(1909年)に奈良公園内に誕生しました。《関西の迎賓館》とも呼ばれており、国賓や皇族が宿泊施設としての役割を担うこともあります。 2019年に110周年を迎え、過去には著名人が多く宿泊しました。現在でも皇族の奈良宿泊の際にはこのホテルを利用されることがあります。 ティータイムを楽しみながら、ホテルの歴史について学び、貴重な施設を見学します。 ※申込者へ案内を送ります

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 奈良ホテル(奈良市高畑町1096)
講座回数 1回
講師 二村盛寧(京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員)
  • 入会金不要

大和路の野草 万葉植物を訪ねて

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

万葉集を訪ねて、大和路を中心にウォーキングします。約5キロの行程で、季節ごとに旬の草花を観察します。 7月 9日奈良公園、春日万葉植物園から浮見堂(奈良市) 9月10日彼岸花の咲く明日香村(明日香村)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 10:00に現地集合、15:00頃に現地解散 *時間、現地詳細は別途ご案内します
講座回数 通年
講師 尾上ツヤ子(元奈良県環境保全審議委員)
  • 入会金不要

壬申の乱ゆかりの地を巡る

2022年7月~9月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

皇位継承をめぐる古代史最大のターニングポイント、壬申の乱。天武、持統両天皇や大友皇子ゆかりの、近江の地に伝わる戦場の跡を眺望し、その周辺の社寺史跡を探訪します。 ※8月8日(月)は中止となりました(7月22日決定)。申込済みの方には個別に連絡いたします

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方にご案内をお送りします)
講座回数 1回
講師 小嶋一郎(京都産業大学日本文化研究所上席特別客員研究員)
  • 入会金不要

JERAセ・リーグ公式戦2022「巨人対ヤクルト」特別観戦会

京セラドーム大阪

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

★多数のお申し込みにより受付終了となりました 8月30日(火)14:00現地集合。練習見学は15:40頃まで。試合開始は18:00(予定)。 京セラドーム大阪(大阪市西区)で開催される巨人対ヤクルトの公式戦を観戦。一般入場前にスタンドから巨人軍のフリーバッティングなどの練習が見学できます。 ※入金方法を記載したご案内の発送は、7月4日以降(予定)となります

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京セラドーム大阪(大阪市西区千代崎3)
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

茶の湯にまつわる芸能を名料亭で楽しむ

千利休生誕500年 茶の湯と狂言を楽しむ

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都には茶の湯にまつわる古典芸能がいまもなお受け継がれています。数寄屋造りの京の名料亭で生の芸術を鑑賞し、眼福・口福を楽しみませんか。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京懐石 美濃吉本店 竹茂楼(京都市左京区粟田口鳥居町65番地)
講座回数 1回
講師 出演 茂山 茂(しげやま しげる)大蔵流狂言師

講師 西川 影戀(にしかわ えいれん)日本舞踊西川流師範
  • 入会金不要

現地講座「武家政権」

政権が武士の時代へと移り行く激動の時代に生きた兵(つわもの)達

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

武家政権を確立した鎌倉幕府は、将軍を勤めた源氏の棟梁から、執権の北条氏へと政治の実権は移ります。その前時代、平安時代末には、平清盛が武士でありながら、朝廷組織のトップにのぼりつめ、平家の世を謳歌しました。苦渋をなめた源頼朝が日本史上初めての武家政権を樹立、その後北条氏から、一旦政権は朝廷に戻り、僅か数年で再び足利氏の武家政権へと移行します。中世は、まさに朝廷と公家、武家が三つ巴で政権を取り合った覇権争いの時代だったのです。そんな、激動の痕跡を残す地を選んだ本講座は、全講座が現地講座という、健康的で文化的なプログラム構成です。 写真=「芳年武者无類」 遠江守 北条時政 国立国会図書館 所蔵

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方にご案内をお送りします)
講座回数 4回
講師 小嶋 一郎(京都産業大学 日本文化研究所 上席特別客員研究員、京都観光おもてなし大使)
  • 入会金不要

関西洋館ノスタルジー

2022年7~9月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

近代の関西には多くの優れた洋館がありましたが、現在、日々取毀しの嵐にあります。それら洋館の一群は歴史様式からはじまり、アールヌーボー・セセッション・表現派・アールデコ・モダンデザインへとつながります。そこに身を置くことで、現在を生きるわれわれが失ってしまった美意識がみえてくるのです。 本講座では研究歴30年超の建築史家で、京都華頂大学教授の川島智生さんが案内人を務めます。個人では立ち入りが難しい建物を中心に特別に見学。ノスタルジーな洋館を一緒に見に行きませんか。 写真は「鳴滝寮(旧大渡光蔵)」

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方にご案内をお送りします)
講座回数 3回
講師 川島智生(建築史家、京都華頂大学教授)
  • 入会金不要

平安京・京都の歴史を初歩から学ぶ㉑

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

6/22スタート 文禄4年(1595)の秀次事件は、羽柴(豊臣)政権の画期となりました。聚楽城を破壊し、二元的な公儀の状態を伏見に一元化します。伏見が武家国家の首都と化します。しかし成長してゆく秀頼の上洛の必要性から、あらためて洛中に新城を建設します。最近、京都仙洞御所で確認され話題となった京都新城です。秀吉最晩年の政治・都市史を語ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 6回
講師 中村 武生(歴史地理史学者)

会員登録

トリトリと

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

ご案内

会員登録