24件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

京の四季を描く 野外スケッチ教室(3回)10~12月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

季節ごとの風物を描きます。画材選びやスケッチの基本(省略や陰影などの技法)をやさしく伝授。初心者の方も安心です。あなたの感性を生かしてスケッチブックに表現してみましょう。 ※雨天決行。(荒天のみ中止)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 3回
講師 永井ひろし(イラストレーター、画家)
  • 入会金不要

御菓子司「塩芳軒」の五感で楽しむ

老舗のこころシリーズ 第1弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都・西陣、聚楽第の鉄門が面していたとされる黒門通に店を構えて130年を超える京菓匠「塩芳軒」。茶道をはじめ、京の風土、風習になじむ老舗菓子司として親しまれています。代々受け継がれる菓子づくりの歴史を5代目当主から聴き、数百種にも及ぶ木型や職人の手技を見学。生菓子に細工を入れる体験シリーズ(冷茶・生菓子付き)。 主催 大阪よみうり文化センター 後援 読売新聞大阪本社

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 塩芳軒(京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180)
講座回数 1回
講師 髙家啓太(塩芳軒代表取締役)
  • 入会金不要

明智光秀とともに生きた戦国武将を偲ぶ

大河ドラマ「麒麟がくる」を前に光秀を知る

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

朝廷、幕府、大名達の調和の取れた世界を実現するために、粉骨砕身したひとりの英邁な戦国武将、明智光秀は、民を思い、家族に気遣う、その姿は理想の君主像でもありました。都では人脈を拡げ、近江・丹波を領した光秀ゆかりの地を訪ね歩きます。 ※写真左「慈眼寺 山門」 ※写真右「慈眼寺 明智光秀公像(市指定文化財)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 4回
講師 小嶋一郎(京都感動案内社代表)
  • 入会金不要

「炭屋旅館」四代目女将 堀部寛子の「おもてなしはお茶の心で」

京の女将さんシリーズ 第10弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都・三条界隈でひときわ目を引く数寄屋造りの「炭屋旅館」は、俵屋、柊家とともに京都御三家の老舗旅館として知られています。創業は大正元年。茶の湯にゆかりが深く、家元へ通う友人らを茶室でもてなしたことが創業のきっかけになったといいます。市中にありながら庭の景色を眺めながら肌で季節のうつろいを感じられ、料理、盛る器、室札のこだわりは、おもてなしの心にあふれています。四代目女将、堀部寛子さんは代々受け継がれてきた「一期一会」の精神を大切にされています。当日は京懐石を楽しんだ後、裏千家14代家元・淡々斎宗匠が命名した茶室「玉兎庵」で、若女将の有美さんがお点前を披露。寛子さんが茶の湯の精神を今に伝える炭屋の歴史などを語ります。 主催 大阪よみうり文化センター 後援 読売新聞大阪本社

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 政府登録国際観光旅館 炭屋旅館(京都市中京区麸屋町三条下ル)
講座回数 1回
講師 堀部寛子さん(炭屋旅館 四代目女将)
  • 入会金不要

半兵衛麸12代目 玉置万美の「しにせの心」

京の女将さんシリーズ第9弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京麸(きょうふ)®に代表される「半兵衛麸」は、元禄2年(1689年)年創業の歴史ある「老舗」ですが、あえて平仮名で「しにせ」としています。十二代目の玉置万美さんによると、「老いる」という字を避け、平仮名に進取や信頼などを表す「新」「進」「親」「信」の意味を込めているそうです。その言葉通り、300年以上にわたり京の食文化を守り続ける一方で、麸をアレンジした料理本を出したり、直営のカフェ「ふふふあん」で、麸のスープやチョコレートをコーティングした麸菓子を開発したり、新しいことにも積極的に挑戦しています。当日は玉置さんのお話を聞きながら、麸と湯葉づくしの「むし養い料理」をいただき、お辨當箱(べんとうばこ)博物館に残るコレクションを見学します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 半兵衛麸(京都市東山区問屋町通五条下ル)
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

京の四季を描く 野外スケッチ教室(3回)7-9月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

季節ごとの風物を描きます。画材選びやスケッチの基本(省略や陰影などの技法)をやさしく伝授。初心者の方も安心です。あなたの感性を生かしてスケッチブックに表現してみましょう。 ※雨天決行。(荒天のみ中止)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 3回
講師 永井ひろし(イラストレーター、画家)
  • 入会金不要
  • 残席わずか

武者小路千家「官休庵」特別内部見学

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都御所の西、武者小路通に居を構える茶道三千家の一つ武者小路千家は、利休の孫、千宗旦の次男で初代流祖の一翁宗守から14代不徹斎宗匠まで、400年の時を超え脈々と受け継がれてきました。茶室「官休庵」は寛文年間(1661-75)に創建。かやぶき屋根の編笠門や歴代家元が雅趣した茶庭、名席「弘道庵」「環翠園」「行舟亭」、当代家元が好んだ近代的な「起風軒」などがあります。今回は立ち入ることが難しい官休庵の茶室を特別に見学。歴史や建物の由来、道具の説明などを聞き、お点前も特別に披露します。 ※写真:編笠門

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

大人のぶら歩き~都名所図会を歩く~(7~12月)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

「都名所図会」は、江戸時代に発刊された京都のガイドブックです。本講座は、「都名所図会」を題材に京都の街を散策します。「200年前からここにあるの?」「大きく変わってしまったね!」などと、色々な発見をしながら歩きませんか。 13:00集合~15:30解散 ※急遽、変更になることもあります 画像:都名所図会 『葵祭』 国立国会図書館ウェブサイトより

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散(お申込みの方に詳しい集合場所をご案内します)
講座回数 6回
講師 二村盛寧(京都感動案内社副代表)
  • 入会金不要
  • キャンセル待ち

白レンガ造りの洋館「舞子ホテル」でランチを楽しむ

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

「舞子ホテル」(神戸市垂水区)は、日下部汽船の迎賓館として1919年に創建。美しいステンドグラスや調度品をはじめ、数寄屋の意匠を凝らした大広間、5000坪の敷地に広がる日本庭園など、当時の趣きをそのままに大正ロマンあふれる和様建築として人気を集めています。今回は普段みることのできない部屋を案内するとともに、食事をいただきながら悠久の時を過ごします。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 舞子ホテル
講座回数 1回
講師 川島智生(建築史家)
  • 入会金不要

寺田みのると京・近江ぶらりスケッチ

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

画家・エッセイストの寺田みのるさんと、京・近江を巡ります。興味深い解説と的を射た指導で楽しく描いた後には、各地のグルメを楽しみます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散
講座回数 通年
講師 寺田みのる(画家、エッセイスト) 

大阪よみうり文化センターについて