23件中 1~10件を表示しています

江口愼一流 「花のマクロ撮影」撮影実習&作品講評 2018年春期

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

季節に咲く花や小さなモチーフを対象に、マクロ撮影テクニックをアドバイス。クローズアップ写真の撮り方を解説するだけの技術的な講座ではなく、マクロ撮影を通して写真表現の醍醐味やモノ作りのおもしろさ、小さな自然が見せてくれる表情の豊かさを伝えます。  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都府立植物園(地下鉄「北山」駅下車)
講座回数 3回
講師 江口愼一(写真家)
  • 入会金不要

西本願寺 本多隆朗執行長の法話 “老いるショック”を乗り越えて

~70、80歳、働きざかり~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

約1万の一般寺院と約1000万人の門徒を有し、日本最大の仏教教団である浄土真宗本願寺派。 その本山で「お西さん」の愛称で親しまれる京都・西本願寺は世界文化遺産に登録され、境内には木造建築で世界最大級を誇る御影堂をはじめ阿弥陀堂、唐門、飛雲閣など7件の国宝建造物があり、国、宗派を越えて多くの参拝客が訪れます。 元テレビ局プロデューサーで、本山の執行機関のトップである執行長を務める本多隆朗師から心温まる法話を聴き、境内を散策してみませんか。 僧侶職員の案内で、障壁画などが並ぶ非公開の国宝「書院」を特別拝観します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 西本願寺安穏殿3階(京都市下京区堀川通花屋町下ル)
講座回数 1回
講師 本多隆朗(西本願寺執行長)
  • 入会金不要

京都に息づく匠の技に触れる「京料理の奥義」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

日本の伝統的な食文化で、自然の美しさや季節感を表現する和食。古都を代表する老舗料亭「瓢亭」「木乃婦」で、御主人の話を聴きながら懐石料理に舌鼓。京料理の神髄に触れます。 400年の歴史を育む「瓢亭」の14代目当主で会長の髙橋英一氏は、料理人として全国初の京都府無形文化財保持者で、京料理界を牽引する第一人者。茶道の精神を守りながら受け継がれてきた味、出汁の話は必聴です。 「木乃婦」三代目主人の髙橋拓児氏は、日本料理を科学する料理人として知られます。美味しさへの探究心は、料理人を続けながら京都大大学院で和食の本質を研究するほどで、新しい調理法や「ワイン献立」で業界に新風を巻き込んだ気鋭の料理人です。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散(お申込みの方に詳細をご案内します)
講座回数 2回
講師 髙橋英一(「瓢亭」14代目当主・会長)
髙橋拓児(「木乃婦」三代目主人)
  • 入会金不要

パン屋写真家田村泰雅と巡る  京都の人に愛されるパン屋さん

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

パンの消費金額が全国1位の京都。小さな町のあちこちには町の人々に愛されるパン屋さんが潜んでいます。 パン屋を撮り続ける写真家、田村泰雅さんがお店の歴史や魅力について解説。 パンの試食やパン職人の話も楽しみです。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散(お申込みの方に詳しい集合場所をご案内します)
講座回数 3回
講師 田村泰雅(写真家)
  • 入会金不要

京都洛北 四季育む宿「然林房」馬渕能理子の「若女将茶話」

京の女将さんシリーズ第3弾

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

<自然の中で学ぶ室>から名づけられた「然林房」は、かつて臼井喜之介ら文化人らが親交を深める場所でした。画家である祖父が始めた美術品のコレクションは今もなお来館者の目を楽しませています。農村地であった京都北山の地で旅館を始めて50年。「プールのある旅館」として地元の人たちに愛され続ける人気のお宿です。 若女将の馬渕能理子さんは聖心女子大学卒業後、実家に戻り家業を継がれます。今年で10年目。「お客さまに寄り添ったおもてなし」を心がけ、家族でまた来たい、スタッフの気配りに感動したとの礼状をいただきながら感謝の日々を過ごせると話します。 2018年春、本館(光林棟)のリニューアルオープンを記念し、若女将としての生き方や暖簾を守る意義、革新に挑戦する勇気などを語ります。玉露手前でお茶をお楽しみいただいた後、昭和を代表する芸術家たちの息吹を感じる宿でこの日のための特別会石を味わい、美術品を愛でながら館内を散策してみませんか。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 然林房(京都市北区鷹ヶ峯北鷹峯町40番地) 
講座回数 1回
講師 「然林房」若女将・馬渕能理子
  • 入会金不要

現地で学ぶ「国宝」セミナー(6回)~2018年春・夏期

~特別な時期に「国宝」にあいまみえる機会~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

古都京都・奈良を中心に近畿地方には、全国の国宝の75%が集まります。それらの国宝を巡り、建造物・仏像・絵画・工芸品にみられる珠玉の国宝その真髄と魅力に迫ります。 今期は祭礼・習俗の国宝ともいえる「重要無形民俗文化財」に指定されている「住吉大社 御田植祭」も有料観覧席から見物予定です。   ※画像は9月訪問予定 慈眼院 多宝塔(国宝) <画像提供:慈眼院>

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散 ※時間など行程案内は別途お知らせします。
講座回数 6回
講師 小嶋一郎(京都感動案内社 代表)  

大政奉還、戊辰戦争から150年  幕末維新の英傑達を偲ぶ   

「薩摩」「長州」「土佐」「会津」幕末雄藩の京都の史跡

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

「大政奉還」直後の「戊辰戦争」勃発から150年。近代明治の夜明けを導いた人物たちが奔走した京都。 その強い意志と思いが残る史跡や寺社を訪ね、当時の英傑達の思いをより強く追想していただけるようご案内します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 4回
講師 小嶋一郎(京都感動案内社 代表・京都観光おもてなし大使)
  • 入会金不要

工場夜景カメラマン 小林哲朗のフォトジェニック講座

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

工場夜景カメラマンの小林哲朗さんと話題の撮影スポットを訪ね、写真映えする作品づくりを楽しむ講座です。2006年の夏、和歌山・友ヶ島を訪ねた小林さんは、旧日本軍の砲台跡地を撮影し、ブログで発信。ジブリ作品『天空の城ラピュタ』に登場するシーンに撮影した写真が似ていたことから「ラピュタっぽい」と表現したところ、若者を中心に共感を呼び、今では人気の観光スポットになりました。 今回は小林さんが推薦する3つの撮影地から、4月は伊丹スカイパーク、5月は友ヶ島、6月はあかがね御殿(多木浜洋館)と加古川の工場群を訪ねます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散
講座回数 3回
講師 小林哲朗(フォトグラファー)
  • 入会金不要
  • 残席わずか

「紗月ちゃん」撮影会

京都の花街

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京都花街、祇園甲部。華やかなオーラと品格を併せ持ち、2011年に「店出し」するや、圧倒的なスター性で売れっ子の舞妓さんになった紗月ちゃん。15年2月に「衿替え」、芸妓となった今でもその人気は衰えることを知りません。舞妓2年目から5年連続、祇園甲部から成績優秀者を維持する頑張りやの紗月ちゃんをモデルに、間近でゆっくりと撮影してみませんか。日中に出会える貴重な時間。紗月ちゃんの微笑みを記念に残してみませんか。 定員25人。  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 今宮神社(京都市北区紫野今宮町21)
講座回数 1回
講師 溝縁ひろし(日本写真家協会会員・四国霊場会公認先達)
  • 入会金不要

工場夜景カメラマン 小林哲朗の大人の夜景撮影(1~3月)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

キラキラした夜景写真は、肉眼を超越した写真ならではの表現です。難しいと思われがちな撮影ですが、三脚があれば簡単に始められます。 工場夜景カメラマンとして活躍する小林哲郎氏が現地へ出向き、夜景撮影の基本から教えます。 魅惑の夜景撮影の世界へご一緒に。定員20人。 撮影地:メリケンパーク、工場地帯  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散
講座回数 3回
講師 小林哲朗(フォトグラファー)

大阪よみうり文化センターについて