25件中 1~10件を表示しています

  • 入会金不要

関西の洋館ノスタルジー(2021年4月~6月)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

近代の関西には多くの優れた洋館がありましたが、現在日々取毀しの嵐にあります。それら洋館の一群は歴史様式からアールヌーボー、セセッション、表現派、アールデコ、モダンデザインなどにつながります。そこには現在を生きる我々が失ってしまった美意識もみえてきます。本講座では研究歴30年を超す建築史家で京都華頂大学教授の川島智生さんが案内人を務めます。個人では立ち入りが難しい建物を中心に特別に見学します。ノスタルジーな洋館を一緒に見に行きませんか。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 通年
講師 川島智生(京都華頂大学現代家政学部教授)
  • 入会金不要

京の女将さんシリーズ第12弾 京漆器「象彦」十代目当主夫人 西村和美の「時を継ぐ(ときをつなぐ)」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

寛文元年(1661)、寺町綾小路で象牙屋から漆器道具商として歩み出した老舗「象彦」。漆工に優れ名匠と讃えられた三代目が「蒔絵司」の称号を朝廷から拝受。作品「白象と普賢菩薩」が洛中で話題を集め、その名は広く知れ渡るようになりました。 御所、皇室の仕事にも携わり、G20大阪サミット2019首脳配偶者への記念品に宝石箱が選ばれるなど、象彦は日本を代表する漆器商として躍進を続けています。 350年の歴史ある家に生まれ、十代当主夫人として現代スタイルに息づくデザインを手掛ける西村和美さん=写真=。職人の手によって幾層にも塗り重ねられる工程と螺鈿、蒔絵などを施した歴代匠の作品を鑑賞しながら、漆器の魅力を語ります。昼食は出汁に定評のある「西むら」で京会席を味わいます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 象彦 京都寺町本店(京都市中京区寺町通二条上る西側要法寺前町719の1)
講座回数 1回
講師 西村和美(京漆器「象彦」十代当主夫人)
  • 入会金不要

現地探訪考古学講座①「近江・野洲古墳を巡る-国史跡 大岩山古墳群ほか」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

第1回目の現地講座として、滋賀県野洲市の「大岩山古墳群」などを中心に巡ることで、九州の筑紫君や近江毛野臣などを取り上げ、前者の「磐井の反乱」や後者の朝鮮半島出兵等の伝承について、国史跡の指定理由の誤解を訂正、補足説明するとともに、文献伝承や現地の遺跡実態から推察される、継体朝における近江・野洲の大豪族と九州地方や朝鮮半島との関連伝承の歴史的な諸事情を解説します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 11:30 銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)入口付近集合
講座回数 1回
講師 中司照世(元福井県埋蔵文化財調査センター所長)
  • 入会金不要

京の四季を描く 野外スケッチ教室 2021年4月~6月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

季節ごとの風物を描きます。画材選びやスケッチの基本(省略や陰影などの技法)をやさしく伝授。初心者の方も安心です。あなたの感性を生かしてスケッチブックに表現してみましょう。 ※雨天決行。(荒天のみ中止)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散(お申込みの方に詳しい集合場所をご案内します)
講座回数 3回
講師 永井ひろし(イラストレーター、画家)
  • 入会金不要

現地で学ぶ「国宝」セミナー(3回)~2021年春・夏期

~国宝の文化財的価値とその歴史を学ぶ~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

古都京都・古都奈良を中心に近畿地方には、全国の国宝の75%が集まります。 今回は京都、奈良をはじめ滋賀、和歌山などの現地に赴き、国宝の価値とその歴史を学びます。 建造物や仏像、祭礼にみられる国宝そして重要無形文化財、その神髄と魅力に迫ります。        

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散 ※時間など行程案内は別途お知らせします。
講座回数 通年
講師 小嶋一郎(京都観光おもてなし大使、仏像ソムリエ、京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員)
  • 入会金不要

150年前の道具にふれる唐紙摺り体験

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

古くは150年以上前に手彫りされた「版木」をつかい、キラという絵具を用いて、手摺りで和紙に文様を施す「唐紙」。現在では、主に襖や壁紙に使われています。 明治35年創業の京からかみ丸二が運営する唐丸(カラマル)で、京都の伝統工芸品”京からかみ”の制作を体験します。唐紙工房で実際に稼働する職人の作業を見学する工房見学も楽しめ、歴史ある”京からかみ”の魅力と新たな可能性を感じていただける機会になると思います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 唐丸(京都市下京区高辻通柳馬場西入泉正寺町460)
講座回数 1回
講師
  • 入会金不要

楽しく学ぼう 美術史と現代美術

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

わかりにくいと思われがちな現代美術を色々な角度から謎解きするとアート鑑賞がもっと楽しくなります。京都で開催される展覧会を読み解きながら、美術の歴史と現代美術の成り立ちを学びます。映像を交えながらの講義で学んだ後は、実際に美術館やギャラリーを訪れて展覧会を鑑賞。鑑賞後、希望者は集合して鑑賞後の感想を述べ合う歓談会を行います。(喫茶代実費)

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センター
講座回数 3回
講師 城戸みゆき(美術作家)
  • 入会金不要

【100人限定】鑑賞講座「後鳥羽上皇と宝剣伝説」

特別展 よみがえる承久の乱-後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏-

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

約80年ぶりに発見された絵巻「承久記絵巻」(全6巻)を中心に、12世紀から13世紀初頭に活躍した皇族や貴族、武士、僧侶に関する古文書、肖像画、刀剣などが展示される特別展「よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏―」(読売新聞社など主催)が京都文化博物館で開催されます。 4月27日の夜は特別に開館し、100人限定でゆっくり鑑賞できます。多芸多能の帝王と呼ばれた後鳥羽上皇が制作したと伝わる重文「太刀 菊御作」(京都国立博物館所蔵)など出展される刀剣を、京都国立博物館主任研究員の末兼俊彦さんが解説する特別講演もあります。 *「太刀 菊御作」は前期(4/6~4/25)の展示となります。 *写真②は重要文化財「太刀 銘 成高」(京都国立博物館 後期展示)です。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都文化博物館 別館ホール(京都市中京区三条高倉)
講座回数 1回
講師 末兼俊彦(京都国立博物館主任研究員)
  • 入会金不要

寺田みのると京・近江ぶらりスケッチ 2021年4月~2021年9月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

画家・エッセイストの寺田みのるさんと、京・近江を巡ります。興味深い解説と的を射た指導で楽しく描いた後には、各地のグルメを楽しみます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散(お申込みの方に詳しい集合場所をご案内します)
講座回数 6回
講師 寺田みのる(画家、エッセイスト) 
  • 入会金不要

はじめての大衆演劇

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

大衆演劇の歴史や特徴について学び、観劇を楽しみませんか。 1回目は大衆演劇基礎講座です。前半は、その歴史から現在の上演形態や特徴について加藤さんが解説します。後半は、第一線で活躍する近江飛龍劇団の役者、近江飛龍さん=写真①=によるトークと実演を交えながら大衆演劇の魅力に触れます。女形の化粧や着付け、簡単な所作などを披露していただく予定です。 2回目は現地講座です。実際に劇場へ行き、劇場のシステムや楽しみ方を体験します。飛龍さんが登場する羅い舞座京橋劇場(大阪市都島区)で観劇した後、普段見ることが出来ない舞台の仕組みなどを見学します。質疑応答や撮影タイムも設けます。* *ソーシャルディスタンスでの観劇になります。  

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 京都センターと羅い舞座京橋劇場(大阪市都島区)
講座回数 2回
講師 加藤わ呼(旅芝居専門誌「カンゲキ」ディレクター)

会員登録

大阪よみうり文化センターについて

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

大阪よみうり文化センターについて

ご案内

会員登録