17件中 11~17件を表示しています

  • 入会金不要

関西洋館ノスタルジー

2022年7~9月

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

近代の関西には多くの優れた洋館がありましたが、現在、日々取毀しの嵐にあります。それら洋館の一群は歴史様式からはじまり、アールヌーボー・セセッション・表現派・アールデコ・モダンデザインへとつながります。そこに身を置くことで、現在を生きるわれわれが失ってしまった美意識がみえてくるのです。 本講座では研究歴30年超の建築史家で、京都華頂大学教授の川島智生さんが案内人を務めます。個人では立ち入りが難しい建物を中心に特別に見学。ノスタルジーな洋館を一緒に見に行きませんか。 写真は「鳴滝寮(旧大渡光蔵)」

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、現地解散(お申し込みの方にご案内をお送りします)
講座回数 3回
講師 川島智生(建築史家、京都華頂大学教授)
  • 入会金不要

京懐石でまなぶ大人のたしなみ 川床「貴船べにや」

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

京の奥座敷「貴船」。全国二千社を数える水神の総本宮・貴船神社のまわりには、夏の風物詩を彩る「川床」があります。水のせせらぎで涼をとりながら、川床会席を楽しみませんか。大自然の息吹を受けた後は、出町柳の「桝形商店街」をぶらり歩き。講師お勧めの名店も紹介します。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 貴船 べにや(京都市左京区鞍馬貴船町17番地)
講座回数 1回
講師 西川影戀(日本舞踊西川流師範)
  • 入会金不要

平安京・京都の歴史を初歩から学ぶ㉑

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

文禄4年(1595)の秀次事件は、羽柴(豊臣)政権の画期となりました。聚楽城を破壊し、二元的な公儀の状態を伏見に一元化します。伏見が武家国家の首都と化します。しかし成長してゆく秀頼の上洛の必要性から、あらためて洛中に新城を建設します。最近、京都仙洞御所で確認され話題となった京都新城です。秀吉最晩年の政治・都市史を語ります。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 6回
講師 中村 武生(歴史地理史学者)
  • 入会金不要

合戦と城、その攻防の歴史を歩く Part4

歴史ウォーク・城シリーズ 15

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

4月16日(土)スタート 日本では、有史以来、戦乱の絶えない歴史があります。特に15世紀から16世紀の戦国乱世の時代は、全国的に戦乱が絶え間なく続きました。それに伴い、全国いたる所に城が築かれました。記録によると日本全国には2万以上の城が築かれたといわれています。その中には、言い伝えのみ残るものも多く、歴史的資料や遺構などを考慮するとその姿がわかる城は、約7千余りに絞られます。特に近畿地方は京都を有するところから、武将達が覇権を争い多くの城がありました。今回は5つの城を取り上げ、その武将とその活躍の歴史を訪ねて歩きたいと思います。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 高槻センター
講座回数 5回
講師 西山涼一(歴史ウォーク研究会)
  • 入会金不要

特別な古都の一日(2022年春~秋期)

~古社寺エリアで巡礼シリーズ22~

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

宮都が置かれた日本史上の中心地とその周辺の社寺や史跡にご案内します。 周辺に咲く、季節の草花にも注目したいですね。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地集合、解散 ※行き先・時間は変更になる場合もございます。
講座回数 3回
講師 小嶋一郎(仏像ソムリエ&京都観光おもてなし大使)
  • 入会金不要

森林インストラクターと行く 四季の森・里山ウォーキング(2022年春期5回)

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

4/23 (土)スタート 人と自然のつながりを体感しながらの健康ウォーキング。野草を愛で鳥を観察し、森の不思議を感じる楽しい講座です。約6km程度のウォーキングを楽しみます。

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 現地の詳細は別途案内します
講座回数 5回
講師 中瀬重幸(森林インストラクター・自然観察指導員)ほか

緊急連絡メール登録のお願い

開催曜日

時間帯

  1. 午前
  2. 夕方

【災害や感染症拡大などに伴う臨時休講のお知らせをメールでお送りします】 いつも大阪よみうり文化センターをご利用いただき、誠にありがとうございます。 大阪よみうり文化センターでは、臨時休講など大切なお知らせをいち早くお届けするため、皆さまにメールでご連絡をする準備を進めています。 連絡メールを受信していただくため、この機会にぜひメールアドレスをご登録ください。 詳しくはこちらをご覧ください

開催曜日
時間帯
  1. 午前
  2. 夕方
会場 本部
講座回数
講師

会員登録

読売新聞ご購読案内

ニュースやコラム

貸し施設のご案内

ご案内

読売新聞ご購読案内

会員登録