京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

京都センターからのお知らせNEWS

Pickup夏のおすすめ講座

  • 半兵衛麸12代目 玉置万美の「しにせの心」

    京麸(きょうふ)®に代表される「半兵衛麸」は、元禄2年(1689年)年創業の歴史ある「老舗」ですが、あえて平仮名で「しにせ」としています。十二代目の玉置万美さんによると、「老いる」という字を避け、平仮名に進取や信頼などを表す「新」「進」「親」「信」の意味を込めているそうです。その言葉通り、300年以上にわたり京の食文化を守り続ける一方で、麸をアレンジした料理本を出したり、直営のカフェ「ふふふあん」で、麸のスープやチョコレートをコーティングした麸菓子を開発したり、新しいことにも積極的に挑戦しています。当日は玉置さんのお話を聞きながら、麸と湯葉づくしの「むし養い料理」をいただき、お辨當箱(べんとうばこ)博物館に残るコレクションを見学します。

  • 鶴田一郎と美人画を描く

    ノエビア化粧品の広告など独特のタッチの美人画で知られる画家・イラストレーターの鶴田一郎さんは、女性の美を探求し続けています。あなたが描きたい女性の写真を持参してください。鶴田さんが特徴や美しさの捉え方などを指導します。きっと都会的でクールな作品に仕上がるはずです。 作品画像(C)モノクロームな夏

  • 「炭屋旅館」四代目女将 堀部寛子の「おもてなしはお茶の心で」

    京都・三条界隈でひときわ目を引く数寄屋造りの「炭屋旅館」は、俵屋、柊屋とともに京都御三家の老舗旅館として知られています。創業は大正元年。茶の湯にゆかりが深く、家元へ通う友人らを茶室でもてなしたことが創業のきっかけになったといいます。市中にありながら庭の景色を眺めながら肌で季節のうつろいを感じられ、料理、盛る器、室札のこだわりは、おもてなしの心にあふれています。四代目女将、堀部寛子さんは代々受け継がれてきた「一期一会」の精神を大切にされています。当日は京懐石を楽しんだ後、裏千家14代家元・淡々斎宗匠が命名した茶室「玉兎庵」で、若女将の有美さんがお点前を披露。寛子さんが茶の湯の精神を今に伝える炭屋の歴史などを語ります。 主催 大阪よみうり文化センター 後援 読売新聞大阪本社

  • TAJIRO工房 ねこの絵

    色々な画材、好きな画材(アクリル、水彩、色鉛筆、ボールペン、リフトパス、鉛筆、油パス)を使って猫を表現します。初めはそれぞれ描きたい猫の姿態や表情を描写。のちに背景や数匹の猫の組み合わせ、猫とモチーフの組み合わせなどストーリー性のあるオリジナル作品を仕上げていきます。猫を通じて表現する喜びを感じましょう。 寺山修司画集『時をめぐる幻想』(東京美術)の挿絵「猫時計」を手がけた田嶋香里さんが指導します。

  • 武者小路千家「官休庵」特別内部見学

    京都御所の西、武者小路通に居を構える茶道三千家の一つ武者小路千家は、利休の孫、千宗旦の次男で初代流祖の一翁宗守から14代不徹斎宗匠まで、400年の時を超え脈々と受け継がれてきました。茶室「官休庵」は寛文年間(1661-75)に創建。かやぶき屋根の編笠門や歴代家元が雅趣した茶庭、名席「弘道庵」「環翠園」「行舟亭」、当代家元が好んだ近代的な「起風軒」などがあります。今回は立ち入ることが難しい官休庵の茶室を特別に見学。歴史や建物の由来、道具の説明などを聞き、お点前も特別に披露します。 ※写真:編笠門

  • 刀剣マスター末兼俊彦の日本刀講座1.2.3.

    日本の美術・工芸作品を代表するものの一つが日本刀です。この講座では我が国における文化財としての刀剣を中心に、これら日本刀が文化史や美術史の上でどのような役割を果たしてきたのかを解説いたします。

  • 【市民健康講座】How to 乳がん検診【参加無料】

    7月21日(日)13:00~14:30(開場12:30) 乳がんは怖い病気なので考えたくない、できれば避けて通りたいと思うのも当然です。 早期に発見できれば9割以上が治ることも事実ですが、今や11人に1人の日本人女性が乳がんにかかると言われています。 「乳がん検診って本当に受けないといけないの?」 「市民検診と会社の検診はどっちがいいの?」 「マンモグラフィとかエコーとかあるけどどれがいいの?」 など、日頃よくお聞きする疑問にお答えします。 定員150人(申込先着順)。

  • 百人一首 競技かるたに挑戦

    漫画や映画で人気に火が付いた競技かるた。 基礎から試合が楽しめるようになるまで指導します。 競技での上達につながる歌の覚え方から札の配列方法、試合の心構えなど。 歴史や文化にゆかりの深い百人一首のエピソードも紹介します。 画像提供:近江勧学館

Pickup人気集中!1回完結講座

  • 知ってる?知らない?魅惑のロシア

    関西空港から2時間で行けるロシア。親日家も多く、近年は観光客の増加に伴い京の街もロシア文化に触れる機会が多くなりました。普段の生活ぶりや文化、歴史を知り、もっと身近なロシアの魅力を、本場のピロシキ、ロシアンティーをいただきながら学んでみませんか。

  • 京象嵌アクセサリー

    金銀のパーツを鉄地金に打ち込み模様を作る、伝統工芸「布目象嵌」の技法の一部を体験。世界に一つのネックレスを作ります。象嵌の歴史や現代に合ったものづくりの話、若い職人との交流、女性がこの世界を受け継いでいく中での苦労話など、身近なお話しも織り交ぜ、象嵌の魅力を知っていただきます。

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて