京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

京都センターからのお知らせNEWS

Pickup春のおすすめ講座

  • 京都に息づく匠の技に触れる「京料理の奥義」

    日本の伝統的な食文化で、自然の美しさや季節感を表現する和食。古都を代表する老舗料亭「瓢亭」「木乃婦」で、御主人の話を聴きながら懐石料理に舌鼓。京料理の神髄に触れます。 400年の歴史を育む「瓢亭」の14代目当主で会長の髙橋英一氏は、料理人として全国初の京都府無形文化財保持者で、京料理界を牽引する第一人者。茶道の精神を守りながら受け継がれてきた味、出汁の話は必聴です。 「木乃婦」三代目主人の髙橋拓児氏は、日本料理を科学する料理人として知られます。美味しさへの探究心は、料理人を続けながら京都大大学院で和食の本質を研究するほどで、新しい調理法や「ワイン献立」で業界に新風を巻き込んだ気鋭の料理人です。

  • 西本願寺 本多隆朗執行長の法話 “老いるショック”を乗り越えて

    約1万の一般寺院と約1000万人の門徒を有し、日本最大の仏教教団である浄土真宗本願寺派。 その本山で「お西さん」の愛称で親しまれる京都・西本願寺は世界文化遺産に登録され、境内には木造建築で世界最大級を誇る御影堂をはじめ阿弥陀堂、唐門、飛雲閣など7件の国宝建造物があり、国、宗派を越えて多くの参拝客が訪れます。 元テレビ局プロデューサーで、本山の執行機関のトップである執行長を務める本多隆朗師から心温まる法話を聴き、境内を散策してみませんか。 僧侶職員の案内で、障壁画などが並ぶ非公開の国宝「書院」を特別拝観します。

  • プロ棋士が語る「読み」の大切さ

    関西若手四天王の一人で「怪物」との異名を持ち、第27期竜王戦を制覇した糸谷哲郎八段と、囲碁の小田鉄兵プロが、将棋や囲碁界の現状、AI(人工知能)がもたらした変化、プロが語る「読む」ことの価値について語ります。対談後、両棋士がゲームの楽しみ方について解説します。 元竜王の糸谷八段は、来期から名人戦の予選リーグ・順位戦最高峰のA級に昇級するトップ棋士の一人。羽生善治竜王、藤井聡太六段との対局を振り返り、そこで見えた戦術、判断力について語る貴重な時間です。小田プロは、世界選手権「応昌棋杯」(13~18歳部門)において、当時13歳の最年少で日本代表。19歳でプロ棋士になり、棋戦のほか京大で特別講師を務めながらイベントも企画し、人気を博しています。 【タイムスケージュール】対談 13:30~14:30 (休憩) ゲーム解説14:45~16:00

  • ゆっくりと京都検定を楽しみましょう 京都検定1級受験対策講座

    京都・観光文化検定(通称・京都検定)は、京都商工会議所が主催するご当地検定で、2004年より毎年1回行われています。1級は「難しい、難しい」と言われますが、それほど深い知識は必要ありません。京都に関する一般的な知識の1~2㍉以上を全体的に身に付けることができれば十分です。本講座は独自に作成した参考資料、例題を用意します。楽しみながら12月の検定合格を目指しませんか。

  • 舟田潤子の銅版画でサーカスをつくろう

    モノクロームが中心だった銅版画にカラフルな色彩を取り入れ、和紙や水彩、韓紙などと融合。 リズム感ある作品づくりに取り組む銅版画家、舟田潤子さん。 「観る人がワクワクするような気持ち」をコンセプトに、エンターテインメント性あふれる作品は、国内問わず海外でも高い評価を得ています。 今回は10㎝四方の銅版に「サーカス」のような楽しい絵を描き、プレス機で本格的な版画を体験します。

Pickup人気集中!1回完結講座

  • サンダルワークショップ

    夏の装いに、自分のサイズで遊び感のあるサンダルを作りませんか? 好きなカラーと素材を選び、足の幅と高さを調節など、すべての工程を手縫いで仕上げます。

  • 舞妓「小衿ちゃん」を描く

    京都花街・祇園甲部。あどけなさ残る表情で人気の舞妓、小衿ちゃんをモデルに描いてみませんか。 舞妓をモチーフに日本画を描き続け、春の風物詩「都をどり」のポスター原画を手掛けた日本画家、辰巳寛さんが指導します。 小衿ちゃんが舞を1曲披露。撮影もできます。

Pickup出かけよう おすすめ現地講座

  • 京都・社寺にゆっくりお参り&旬御膳(3回)

    社寺の縁起や歴史の面影をたどり、話題の店でランチを味わいます。 3月「東福寺+そば懐石・澤正」 4月「金戒光明寺+天ぷら・堂」 5月「天授庵+瓢亭別館 松花堂弁当」 ※写真はイメージです。

  • 清水薫の鉄道写真

    撮影会と講評会を交互に実施。鉄道とともに周囲の風景やスナップ的要素などを交えた作品を中心に指導します。感じる作品、感じてもらえる作品を作りましょう。

  • 江口愼一流 「花のマクロ撮影」撮影実習&作品講評 2018年春期

    季節に咲く花や小さなモチーフを対象に、マクロ撮影テクニックをアドバイス。クローズアップ写真の撮り方を解説するだけの技術的な講座ではなく、マクロ撮影を通して写真表現の醍醐味やモノ作りのおもしろさ、小さな自然が見せてくれる表情の豊かさを伝えます。  

  • 工場夜景カメラマン 小林哲朗のフォトジェニック講座

    工場夜景カメラマンの小林哲朗さんと話題の撮影スポットを訪ね、写真映えする作品づくりを楽しむ講座です。2006年の夏、和歌山・友ヶ島を訪ねた小林さんは、旧日本軍の砲台跡地を撮影し、ブログで発信。ジブリ作品『天空の城ラピュタ』に登場するシーンに撮影した写真が似ていたことから「ラピュタっぽい」と表現したところ、若者を中心に共感を呼び、今では人気の観光スポットになりました。 今回は小林さんが推薦する3つの撮影地から、4月は伊丹スカイパーク、5月は友ヶ島、6月はあかがね御殿(多木浜洋館)と加古川の工場群を訪ねます。

京都センター

075-353-7070

京都市下京区東洞院通七条下ル
メルパルク京都3・4階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて