高槻センター

072-681-8218

高槻市紺屋町2-1
松坂屋高槻店6階

高槻センターからのお知らせNEWS

Pickup秋の新講座!

  • シニアのための姿勢と歩き方

    ストレッチやボールを使った運動で、年齢とともに気になる姿勢と歩き方の改善を目指します! 猫背、O脚、腰痛、膝痛、転倒不安でお悩みの方におすすめの運動です。

  • 点描曼荼羅画

    10/9スタート 完成した幾何学模様の美しさから宇宙とも例えられる点描曼荼羅画。作図済みの紙にボールペンで、点をひたすら置くことにより、無の境地『瞑想』状態を味わう事も出来ます。絵が苦手と言う方や初めての方でも、必ず描きあげることができます。

Pickup回数、短期講座

  • 切らずに作る「作り帯」(1回)

    9/2、10/7、12/2、2/3、3/2(月)実施 帯をさっと結べたら、着物がもっと気軽に着られるようになります。お手持ちの帯を切らずに糸で留めるだけで簡単に作ることができます。手早く着付けるコツもお教えします。

  • 邪馬台国と古代の日本(6回)

    10/19(土)スタート! 邪馬台国はどこにあったのか?日本史上最大の謎の一つである邪馬台国について始まった本格的な論争は、すでに100年を超えています。中国の歴史書にしか登場しない邪馬台国や卑弥呼であれば、この問題は、最初に日本の古代史よりも中国・東アジアという大きな歴史の中で考える必要があります。そして、これまでの長い論争をみると「魏志倭人伝」からの検討は、もはや限界に達しています。そこで、最後に残された方法として、考古学の最新成果により、位置問題の解決に向けて考える必要があります。そして、邪馬台国から大和政権へ、どのように発展するのかという大きな問題についても新たな視点で考えてみたいと思います。

  • 戦国時代を強く生きた女性たち(5回)

    11/28(木)スタート! 明智光秀の娘・細川ガラシャ、女城主・井伊直虎、織田信長の叔母で岩村城の女城主おつや、日新公いろは歌で知られる島津忠良の母・常盤など、戦国時代男性だけでなく女性も闘っていました。明智光秀を取り巻く女性を中心に、家や領地を命がけで守った女性たちとその背景についてお話します。

  • 宙詠み師養成講座

    12/1(日)10:30~ 天体色数は占星術、数秘術、色彩心理学、それぞれの魅力を最大限に活かし、シンプルにまとめることで的確なメッセージを捉えるツールです。講座受講後、学んだ知識を活かして活動できます。「選択色数鑑定士」と「誕生色数鑑定士」の2つの資格が取得できます。

  • 杉本蘭華の開運術法

    1/13(月祝)13:00~ テレビや雑誌で活躍中の杉本蘭華さんが、これから1年の運勢と福を呼び込む開運術を分かりやすくお話しします。

Pickup現地で学ぶ!アウトドア講座

  • バードウォッチング(秋季5回)

    10/19(土)スタート! 探鳥地を5~6Kmほど歩き、野鳥の姿、鳴き声などを観察します。双眼鏡ひとつで自然を身近に感じませんか。

  • 特別な古都の一日(秋期6回)

    11/2(土)スタート 京都の社寺の秘仏の御開帳や特別公開、祭礼・奉納・記念行事を中心に御案内します。また、平成から新年号への移行期でもありますので、京都市内の天皇陵にも参拝します。オプションランチ(希望の御方のみ)も近隣のリーズナブルなお店や個性的なお食事処を御案内。全回現地講座のみの6回編成で、より健康志向の講座です。

  • 桂小五郎と幾松が 駆けた幕末京都

    11/23(土)10:30~ 幕末の倒幕運動に大きな役割を果たした維新三傑の1人・桂小五郎。後の妻、芸妓・幾松と出会った花街の三本木や、今も残る「臨終の地」などのゆかりの地を巡ります。国の登録有形文化財に指定される「料亭 幾松」では、幾松が小五郎を新選組の追跡から命がけで守ったという逸話で有名な長持、「幾松の間」などを解説とともに見学し昼食を楽しみます。

  • 旧桜宮公会堂でフレンチを味わう

    11/26(火)10:00~ 天満橋界隈は、江戸、明治にかけて八軒家船着場として、賑わった歴史ある町です。古地図を手に探訪し、旧桜宮公会堂で、フレンチを賞味します。 「主な見どころ」旧亀岡街道→川崎渡し跡→藤田邸 跡公園→造幣局→川崎東照宮跡→旧与力屋敷→ 澱川橋跡→泉布 観→「旧桜宮公会堂」など

  • 大阪城歴史探訪と中華を愉しむ

    11/29(金)10:30~ 大阪城は昭和6年、現在の天守閣が再建されましたが、明治以降のその間、大阪城一帯はアジア最大の軍需工場、大阪砲兵工廠となりました。時代に翻弄された大阪城を探索し、食事を愉しみます。 「主な見どころ」大阪砲兵工廠碑→復元した堀→砲兵工廠遺構→中国の狛犬→極楽橋→空襲の弾痕跡→天守閣(入館なし)→旧第四師団司令部庁舎→東天紅(食事)など

  • 「十三まち歩き」 伝統舞踊とウイグル料理 を愉しむ

    12/11(水)10:30~ 古地図を手に下町「十三」を歩きます。昼食は中国自治区のウイグル料理店で、料理を味わい舞踊を観賞します。 「主な見どころ」神津神社→宮本輝「骸骨ビルの庭」ゆかりの地→十三渡し碑→淀川開削の歴史→江戸中期からあ る焼餅屋→戦災を伝える北野高校→岡崎牧場跡など

  • 寺田屋襲撃事件 龍馬の逃走ルートを巡る

    12/22(日)開催 「鳥羽伏見の戦い」から始まる「戊辰戦争」が箱館で終結して150年。​幕末維新ミュージアム・霊山歴史館学芸課長の木村武仁さんが、「寺田屋襲撃事件 龍馬の逃走ルート」を再現しながら、伏見酒蔵の風景、龍馬とお龍『愛の旅路像』、寺田屋(中庭のみ)、土佐藩伏見屋敷跡碑、龍馬が隠れた材木小屋跡碑、大黒寺(寺田屋騒動殉難志士の墓所、平田靱負の墓)、寺田屋登勢の墓、薩摩藩伏見屋敷跡碑(龍馬が保護された藩邸で、西郷も出入りしていた)などを解説付きでご案内します。 9/7(土)の同講座は満席のため受付を終了いたしました。

  • 知恩院「除夜の鐘 試し撞き」観賞

    12月27日(金)11:15~ 迫力満点の鐘つきを、年末に先駆けて僧侶が「予行演習」する、知恩院の恒例行事「除夜の鐘 試し撞き」。白川沿いに祇園新橋界隈を散策し、「平野家」本店で“名物いもぼう御膳”を頂いた後は、知恩院の三門下を潜り、大鐘楼前で「除夜の鐘 試し撞き」を拝観します。「法垂の窟(ほうたるのいわや)」も特別参拝します。講師は京都感動案内社の小嶋一郎さん。

高槻センター

072-681-8218

高槻市紺屋町2-1
松坂屋高槻店6階

特集PICKUP

大阪よみうり文化センターについて